【第三の習慣】家計の見直しをする

第三の習慣にお越しいただき、ありがとうございます!

ひとしずくCHOの酒井沙弥香です。

「仕事にやりがいやメリハリができ、

幸せな先生になるための7つの習慣」

第3回目をお届けします。

第二の習慣はいかがでしたか?

あー!忘れちゃった💦という方は

こちらから振り返りをどうぞ!

第一の習慣よりも

少しだけハードルが上がりました。

もともとプライベートを楽しんでいた方にとっては

難しい話ではなく

むしろ、そんなことでいいの?!

拍子抜けしたかもしれませんね。

でも、そうではない方にとっては

とても難しいことのように感じたかもしれません。

アクティブに行動するのがニガテな人ほど、

大きな目標を立てるのではなく

すぐにでも達成できるような

そんな小さな目標から考えて言ってください。

では、第三の習慣の話をしていきましょう。

【第三の習慣:家計の見直しをする】

突然ですが・・・

ご自身の家計を把握されていますか?

「え?今日は家計の話??」

「今日こそ、見当違いの話をしていますよね?」

そんな声が聞こえてきそうですが・・・

大事なことなので

あえてもう一度確認させていただきます。

ご自身の家計を把握されていますか?

なぜこのようなことを聞くのかと言いますと

家計の管理ができる=自分自身の管理ができる人

だからです。

自分自身の管理さえもできない人に

大事な仕事を任せられるでしょうか?

「仕事と自分自身のことは別です!」

そう思う方もいるかもしれませんが

(かつての私もそうでした。)

自分では仕事のことと自分自身のことは

しっかりと分けられると思っていても

完璧に使い分けられる人は

ほんの一握りだと思います。

普段使っている言葉遣いが

咄嗟な瞬間に出ることがあるように

仕事中であっても

普段の自分が出てくることはあるものです。

だからこそ、普段から

気を付けておかなければいけないのです。

とはいえ、家計の把握といっても

1円にいたるまで

事細かに把握する必要はありません。

そんなことをしていたら

家計の見直しをする前に

気が滅入ってしまってやる気を失いかねませんから。

家計の見直しとは?

さて、家計の見直しと聞くと

どんなことをイメージされるでしょうか?

食費を削るとか節約とか

家計簿をつけるとか

そういったところでしょうか?

私が伝えることは

そういったことではありません。

お金の使い方というのは

実は単純で主に3つしかありません。

消費・・・生きていくために必要なもの、こと

投資・・・人生を豊かにするためのもの、こと

浪費・・・不必要なもの、こと

まずは、どんな人でも

まず見直すべきは「固定費」です。

一生懸命頑張って

あちこちのスーパーをはしごして

1円でも安い食材を買うよりも

固定費を見直した方が

大きな金額の見直しになります。

たとえば、携帯代。

大手キャリアから

格安スマホに切り替えるだけで

月5000円近く安くなる方がいます。

たかだか5000円と思うかもしれませんが

侮ることなかれ!

1年間でみてみると

5000円×12ヶ月=60000円!

大きな金額だと思いませんか?

もし1年間で手取りの給料を

60000円をあげようと思ったら

かなり難しいのではないでしょうか?

それくらい大きな金額なのです。

その他にも金額は少額でも

使っていない月額サービスなどが

あればすぐに解約すべきですし、

保険料や月額で支払っている

サービスの見直し、光熱費なども

大きな節約になります。

まずは大きな額になる固定費を見直した上で

その他に掛かっている費用を

大まかに出していきます。

まずは自分が1ヶ月にどれくらい

お金を使っているのかを把握しなければ

行動もできませんから。

把握した上で

先程も話したように

消費、投資、浪費と

自分の使っているお金を振り分けていきます。

やりがちな家計見直しのミス

ここで多くの人がやりがちなことが

たとえば、毎日仕事前に

コンビニで100円のコーヒーを飲んでいる。

100円×20日=2000円

これはあってもなくてもいいものだから

浪費だ!よしやめよう!!

というもの。

ただ何となく、オシャレだから

みんながやっているから

毎日仕事前にコーヒーを飲んでいる

というのであれば、

確かにやめた方がよいと私も思います。

ですがそうではなく、

仕事前にコーヒーを飲むことで

頭が冴えてたり

気分がリラックスできたり

自分にとってプラスの効果があるものであれば

それは浪費ではなく投資となります。

同じコンビニの100円のコーヒー1杯でも

人によって浪費にも投資にもなるのです。

そして、自分の中での

消費、投資、浪費が分けられたら

その浪費の部分をカットしていくのみ。

後は定期的に家計の見直しをしていけばOKです。

一度大きく、見直してしまえば

後は微調整で問題なく過ごせますし

家計を見直すことで

お金との向き合い方も変わり

浪費をすることもかなり減るはずです。

減らした浪費を

自分のスキルアップなど投資に使えば

よりよい将来がまっていることでしょう。

では今日のまとめに入りましょう。

幸せな先生になるための

3歩目となる習慣は

【家計の見直しをする】こと

その理由は、

自分の管理ができるようになれば、

自ずと仕事での自己管理もうまくなるからです。

さらにはお金の漠然とした不安もなくなり

幸福感は自然にアップします。

ぜひ明日から習慣化してみてください。

言われた通りにやってみたけど

どうしてもできない…という方は

諦めないでぜひ、下記の相談コーナーから相談してください。

今日もあなたが子ども達と

たくさん笑って過ごせますように!

第四の習慣もすぐ読みたい!という方

こちらから

———————————–

【無料相談コーナー】

読者さんであれば誰でも相談できます。

お気軽にご相談ください。

全てのご相談にお答えすることはできません。

予めご了承ください。

頂いたご相談は当サイトの記事に

掲載される可能性があります。

個別に返信をすることはありません。

相談コーナー専用フォームはこちらから▼

https://ws.formzu.net/dist/S35392681/

【提供サービス】

抹茶と和菓子とい名前で

とことん時間の許す限りお話をきくという

サービスを提供しています。

オプションでポジティブタロット占いも

付けることができます✨

ご興味ある方はこちらから▼

抹茶と和菓子

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする