◆先生としての引き際

 

こんにちは!酒井です。

 

個人的に思う

先生としての引き際というものがあります。

 

とはいえ、あくまで

これは私個人が考えることであり

世間一般の考えというわけではないので

 

その辺りを踏まえて

読み進めて頂ければ幸いです。

 

 

 

こう感じ始めたら黄色信号!

 

 

自分の保育は完璧!

自分の保育ってばすごい!

子ども対応も保護者対応も完璧!

 

こういったことを思うようになったら

先生としての黄色信号だと

思っています。

 

私は別に

自分のことを過小評価しなさいとか

褒めてはいけないとか

 

そういったことを

言いたいわけではありません。

 

でも完璧な保育や関わりなんて

この世にはないと思っていますし

 

やはり子ども達のためには

日々の保育を振り返り、反省し

次に活かしていかなければと思うのです。

 

どんなにうまくいった日でも

反省が全くないということは

ありませんし、

 

よりよくするためには?

考えることもできます。

 

自分の保育に対して自己満足するようになったら

そこからの先生としての成長は

ないように思うのです。

 

 

ですから、このように考えるようになったら

先生としての仕事からの引き際ではないか?と

思っています。
ではまた!

————————————————————

幼児教育の現場で頑張る毎日・・・。

仕事や職場環境にモヤモヤすることもあると思います。

 

そんな時に気軽に相談してもらいたくて

相談窓口としてLine@を作成しました!

 

1:1でトークもできますし、

誰に見られる心配もありません。

 

ぜひ、お気軽にご登録ください。

友だち追加

 

 

Twitter (フォロー大歓迎です!)

お問い合わせ