◆自分の意思が表明できる日

 

こんにちは!酒井です。

 

今日は選挙の日ですね。

投票には行かれましたでしょうか?

 

 

投票に「行く」か「行かないか」は

個人が決めることですし、

他者である私がとやかく言えることではありません。

 

 

でも自分の意思を

国に直接伝えることができる日だと

思っています。

 

選挙ではなくても

嘆願書とかデモ活動などで

意思を表明することもできますが

 

なかなか聞いてもらえないことも

多い印象ですし

 

その点選挙だと、ダイレクトに

表明できると感じています。

 

 

とはいえ、

たった一票で何が変わるの?と

むなしく感じたこともあります。

 

 

でもされど一票だとも思っています。

 

自分の一票を使わなかったら

言い方は悪いですが

行った人の思う通りの国政になるでしょう。

 

さらに言えば、

「自分の一票くらい…」

と思う人が自分以外にもたくさんいたら

たくさんの一票が失われることになります。

 

実際に、イギリスで起こっているEU離脱問題も

EU離脱を問う選挙の際に

 

「離脱しないだろう」「大丈夫だろう」と

安易な考えをした人が多く、

そういった方々が選挙に行かなかった結果

 

離脱を願った人々の意見が通ったという

背景があります。

 

 

自分くらい行かなくてもいいやと

他人任せにするのはラクです。

 

でも自分の人生を

他人に任せているのと同じこと。

 

 

そのあとに国政が自分の意思とは

違った方向に行ったとしても

文句を言える立場ではありません。

 

 

それは自分が行った行動の結果なのですから、

自分で責任を取るしかありません。

 

自分で責任を取る分には

自業自得かもしれませんが

 

それを選挙権のない子ども達にまで

負わせるのは申し訳ないことです。

 

 

子ども達に関わる仕事をする者として

未来ある子ども達のためにも

自分の意思を示し続けたい。

 

私はそう考えています。

 

ではまた!

 

 

 

————————————————————

幼児教育の現場で頑張る毎日・・・。

仕事や職場環境にモヤモヤすることもあると思います。

 

そんな時に気軽に相談してもらいたくて

相談窓口としてLine@を作成しました!

 

1:1でトークもできますし、

誰に見られる心配もありません。

 

ぜひ、お気軽にご登録ください。

友だち追加

 

 

Twitter (フォロー大歓迎です!)

お問い合わせ