仕事にやりがいやメリハリができ、 幸せな先生になるための7つの習慣

幸せな先生になるための7つの習慣へようこそ!

こんにちは!酒井です。

「仕事にやりがいやメリハリができ、

幸せな先生になるための7つの習慣」

先生に限らず人は誰でも

仕事にやりがいを感じたい!とか

幸せに仕事をしたい!など

そう思うものです。

心理学でも仕事におけるやりがいとして

自分でその仕事をコントロールできている

という自覚があるかが大事だとも言われています。

信頼されるようになると

上司や先輩たちから過度な干渉はされず

「先生の好きにやってね!」

とお任せしてもらえることが多く

もちろん園の中のルールや決まりを

守らなければいけませんが

それでもその中で自分の好きな保育が可能になります。

また信頼されているので

発言や提案も聞いてもらえることが増えます。

そうなれば、自分の思い描く仕事ができ、

先生としてのやりがいを一層感じることができます。

そしてこれらのことは

決して難しいことではありません。

シンプルなコツを抑えるだけでいいのです。

そのコツをもったいぶることなく

ババーんと全て出しています笑

どうぞ、最後までお付き合いください!

ちょっと私の話でも・・・

とはいえ、得体のしれない奴の

話なんて聞けないし、信用ならん!

というお気持ちもとてもわかりますし

なんかエラそうに言ってますけど

あなたなどうなんですか?

という声もごもっともだと思います。

ということで、少し私の話を書いておきます。

新卒で入社した私立幼稚園。

2人担任制だったその園で

初めて一緒にクラス運営をすることになった

先輩先生とうまくいきませんでした。

何をしても叱られ、

自分で一生懸命考えて出したクラスの活動案は

ダメ出しの嵐。

クラスの整備として行う

のりの補充や画用紙の補充、遊具の整理整頓をしながら

こんな誰でもできるような仕事をしている自分が情けなくて

毎日こぼれそうになる涙をこらえながら

仕事をしていました。

*もちろん、こういった仕事も環境整備として、とても大切な業務であることは分かっています。

心身ともに大きなダメージを受け、

1年が過ぎる頃には、完全に自信もやる気も失っていました。

そんなパッとしない先生だった私ですが

2年目から全てがガラリと変わっていきました。

2年目に一緒にクラス運営した先輩先生からは

「頼りになる!」

「先生に任せるから好きにやってね」

全幅の信頼を獲得し

退職してから数年が経過した際にも

嬉しいことに

「一緒にクラス運営した先生の中で

一番先生がよかった。また一緒にやりたい」と

ラブコールをもらいました。

また園長先生からは

若干3年目にして

「先生は頼りになるから○○先生を任せるね!」

言ってもらえるように。

1年目は意味もなく

ダラダラと残業をしていましたが

2年目からは定時退勤が当たり前

仕事終わりに習い事も始めるようになりました。

さらにはスキルアップのために

独学で新しい幼児教育関連の資格を取ったり

学びに行くなどもしていました。

1年目の頃の私とはまるで別人です。

私自身がどのようにして

上司の先生にそこまで言ってもらえるようになったのか

試行錯誤しながらも

やりがいを持ち、楽しく仕事ができるようになっていった

過程をお伝えしていきます。

先生の仕事にやりがいを見出したり

メリハリを付けて仕事をしたりするために

長い経験年数や年齢は関係ありません。

いつからでも可能なことです。

気になる、記事内容とは?

*それぞれのタイトルをクリックして頂くと、本文を読むことができます!

【第一の習慣】  定時で帰る

【第二の習慣】  プライベートを思い切り楽しむ

【第三の習慣】  家計の見直しをする

【第四の習慣】  効率よく仕事をする

【第五の習慣】  資産運用をする

【第六の習慣】  本業以外でお金を得られるようにしていく

【第七の習慣】  スルーする力を身に付ける

七つの習慣が身に付くと…

・自分に自信が付きます。

・幸せに仕事ができるようになります。

・仕事もプライベートも充実してきます。

・保護者や上司から信頼される先生になります。

・仕事が楽しくなってきます。

・視野が広がり、能動的に考えて仕事ができるようになります。

・先輩先生から何か言われても、多少のことでは心が折れなくなります。

・自分の思い描く教育が実践できるようになります。

一人でも多くの素敵な保育者の方が

幸せになってくれることを心から願っています。

もし幸せな保育者になるための七つの習慣で

聞きたいことなどありましたら、

遠慮なく下記、専用相談窓口までご連絡ください✨

【無料相談コーナー】

こちらの記事の読者さんであれば誰でも相談できます。

お気軽にご相談ください。

全てのご相談にお答えすることはできません。

予めご了承ください。

頂いたご相談は当サイトの記事に

掲載される可能性があります。

個別に返信をすることはありません。

相談コーナー専用フォームはこちらから▼

https://ws.formzu.net/dist/S35392681/

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする