◆絵本の読み聞かせのポイント(高年齢向け)

 

こんにちは!酒井です。

 

先生は

いろいろなことを

子どもたちに行いますが

 

その中で今日は

”絵本の読み聞かせ”

ポイントを書いていきます。

(今日は高年齢向けです)

 

絵本の読み聞かせって

「ただ、読めばいい」

くらいに思っていたら

大間違いです!

 

読み聞かせ方によって

子どもの集中具合や

興味の持ち具合が

格段に変わります。

 

ストーリーのある文字の多い

長さがある絵本も

やはり工夫は必要です。

 

 

では早速、ポイントを

書いていきます。

 

①基本中の基本!

読む時は詰まらずに読む!

 

絵本の読み聞かせをする場合。

 

絵本の向きが

子どもの方を向くため

先生からは読みにくい形になります。

 

そのため、詰まることも。

 

でもこれだと、

せっかくお話の世界に入っている

子どもたちが

世界に入りにくくなり、

とっても、もったいない!

 

もちろん、たまに

噛んでしまったり

詰まることはあるかも

しれませんが笑

 

頻繁に起こることの

ないように!

 

はじめのうちは

事前に読む絵本を決めて

練習しておきましょう!

 

②ページをめくるタイミング

 

ページをめくるタイミングも

とっても大事!

 

”ただめくれば良い”

わけではなくて

 

その物語の展開具合によっては

少し間をとったり

タメをとることも大事!

 

子どものワクワクした気持ちを

膨らませることができます。

 

③強弱や間を取り入れる。

 

サーと読んでしまうと

案外、誰の頭にも

そのストーリーは入らず

残りません。

 

読み方に強弱をつけたり

間を取ることで

そのストーリーが

膨らんでいきます。

 

強弱や間のつける場所に

決まりはありません。

 

正解もありません。

 

いろいろと

試してみればOKです。

 

④先生の表情

 

これも結構大事です。

 

子どもは先生の顔を

直接見ているわけでは

ありませんが

 

表情から無意識に伝わる

臨場感というものが

あるようで

 

哀しい場面は哀しそうな表情。

嬉しい場面は嬉しそうな表情。

 

と、場面に合わせて

表情を出すことも大切です。

 

まずは、以上の4つを

意識してみてください。

 

慣れてくると

あなた独自の工夫ポイントが

出てくることでしょう。

 

せっかくなら、

先生であるあなたも

絵本の世界を

めいっぱい楽しんで下さい。

 

(こちらも参考に!)

絵本の読み聞かせのポイント

(低年齢向け)

 

 

ではまた!

 

 

———————————————

幼児教育の現場で頑張る毎日・・・。

仕事や職場環境にモヤモヤすることもあると思います。

 

そんな時に気軽に相談してもらいたくて

相談窓口としてLine@を作成しました!

 

1:1でトークもできますし、

誰に見られる心配もありません。

 

ぜひ、お気軽にご登録ください。

友だち追加