◆適度に行こう!

 

こんにちは!酒井です。

 

子ども達への関わり方で

「これ!」という正解はありません。

 

 

ですから、それぞれの価値観や考え方で

子ども達と日々関わっていくことになります。

 

 

個人的には

子ども達をガミガミと叱りつけ

恐怖でクラス運営をしていくことも

 

反対に何でもかんでも受容し

自由なクラス運営をしていくことも

 

 

「なんだか違う…」

そう思っています。

 

 

そんな極端な感じではなく、

よい塩梅で子ども達と

関わっていきたいのです。

 

 

適度に叱り

適度に見守り・・・。

 

「適度」という言葉は

抽象的でやはり

個人の感覚に任せる部分が強くなりますが

 

 

でも私はあえて

この「適度に」という感覚が

好きです。

 

 

適度という言葉には

余裕がありますし

 

ガチガチに縛りつけることもなく

柔軟さがあり

 

「こうしなければいけない」

というきっちりしたところもないので

 

先生も子ども達も

のんびりと過ごしていけるように思います。

 

 

以前の私は

とてもまじめで

自分の決めた計画通りに

活動を進めなければ!

というよく分からない使命感に燃えていました。

 

 

結果として

私も子ども達も苦しかったのです。

 

何か見えない狭い箱の中にいるような

息苦しさを感じていました。

 

 

そしてある日

「適度に行こう!」

 

そう思えたとき

私も子ども達も

とてもラクになったのです。

 

お互いが苦しくなることも

先生、子ども達どちらかが苦しくなることも

 

うまくバランスが取れていない状態だと

思っています。

 

やはり両者ともに

心地良い状態でいられることが

望ましく

 

そのためには「適度に」という

考え方も大事だと思っています。

 

ではまた!

 

 

 

————————————————————

幼児教育の現場で頑張る毎日・・・。

仕事や職場環境にモヤモヤすることもあると思います。

 

そんな時に気軽に相談してもらいたくて

相談窓口としてLine@を作成しました!

 

1:1でトークもできますし、

誰に見られる心配もありません。

 

ぜひ、お気軽にご登録ください。

友だち追加

 

 

Twitter (フォロー大歓迎です!)

お問い合わせ