◆昨日の自分を越えていく

 

こんにちは!酒井です。

 

”人と比べてなくていい。
比べるのはよくない。”


 

そういった言葉を

耳にしたことがあるかもしれません。

 

 

人は比べる生き物

 

ただ、残念ながら

人は比べる生き物です。

 

意識していなくても

無意識に人は

他者と比べています。

 

例えば、

自分は

背が高い、低い

細い、太い

 

こういったことは

比べる他者がいるからこその

判断ですよね。

 

もしも、この世に

自分1人しか存在しなかったら…。

 

背が高いのか低いのか

細いのか太いのか

判断することはできないはずですから。

 

そういったことからも

人は比べる生き物であり

比べることで自分の存在を

見つけてきたとも言えるわけです。

 

それを一概に

”比べない”としてしまったら

自分という存在が

消えてしまいかねませんし、

辛くなるかもしれません。

 

 

でも比べるばかりでは辛い…。

 

とはいえ、

他者と比べてばかりいるのも

辛くなってきます。

 

比べて自分が優越感に

浸れる間は

問題はないでしょうが

 

ひとたび、劣等感を

持ってしまうと苦しくなります。

 

劣等感を持つことが

悪いことだと私は思いませんが

ただ大きな劣等感は時として

辛いものとなります。

 

昨日の自分と比べる

 

比べることが人の本能ならば

比べる対象を自分にすれば

どうでしょうか?

 

全く他者と比べないというのは

難しくても

割合を減らすことはできます。

 

昨日の自分と比べてみて

今日の自分はどうか?

前に進めているか?

少しは成長しているか?

 

そう考えることが

できれば、

辛さも薄れていきます。

 

別に大きな一歩でなくても

昨日よりも1ミリでも

進んでいればOKだと

私は思っています。

 

私も毎日そんな感じです笑

 

ではまた!

 

———————————————

幼児教育の現場で頑張る毎日・・・。

仕事や職場環境にモヤモヤすることもあると思います。

 

そんな時に気軽に相談してもらいたくて

相談窓口としてLine@を作成しました!

 

1:1でトークもできますし、

誰に見られる心配もありません。

 

ぜひ、お気軽にご登録ください。

友だち追加