【書籍紹介】困り感に寄り添う支援の実際

こんにちは!酒井です。

おススメの書籍リストでは

あえて幼児教育や教育とは

関係ない書籍を取り上げて紹介していますが

こちらでも幼児教育や教育に関する書籍を

取り上げて紹介していきます。

今回の書籍はこちら▼

発達障がいなど日常に困り感を抱える

子ども達への支援をどのようにしているか?を

紹介している書籍。

かなり前に出版された書籍ではありますが

現在でも使えるノウハウはたくさんありました。

また困り感を抱えている子どもだけではなく

ユニバーサルデザインとして

誰もが過ごしやすくするという考え方は参考になります。

そもそもただ何となく

そういわれているからクラスの活動を子どもたちに

紹介する時に絵カードを使っているという方も

いるのではないでしょうか?

なぜ、絵カードを使うのか?

なぜこういう支援をするのか?ということも

理解が深まります。

ではまた!

Twitter (フォロー大歓迎です!)

お問い合わせ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする