【書籍紹介】大人も子ども良いところを探しをして勇気づけていこう!

こんにちは!酒井です。

おススメの書籍リストでは

あえて幼児教育や教育とは

関係ない書籍を取り上げて紹介していますが

こちらでも幼児教育や教育に関する書籍を

取り上げて紹介していきます。

今回の書籍はこちら▼

前回紹介した書籍もアドラー心理学でしたが

今回紹介の書籍も

アドラー心理学の考えが元になっています。

とはいえ、前回は日本のアドラー心理学の第一人者の

先生が書かれたものでしたが

今回の書籍はアドラー心理学の専門家になった

元小学校のご自身も子育てをされている方が

書かれているので

少し視点がマイルドになっています。

普段、関わる方はお母さんが多いようで

書籍もお母さんに向けてのメッセージが

強く出ていますが

でも先生であっても使える要素は

たくさんあります。

ダメ出しではなく、良い出しをする

つい人はダメなところを見てしまいがちですが

子どもたちは24時間365日

不快な行動をしているわけでは

ありません。

なので、まずは当たり前と思ってしまっていることに

対しても意識を向け、良い出しを

積極的にしていこう!と

述べています。

褒めないよりは褒めた方がいい

アドラー心理学では叱ることも褒めることもせず

勇気づけをしよう!と述べることが多いですが

こちらの書籍では、

「褒めてはいけない」と何もできなくなるくらいなら

褒めた方がいい。

少しずつ評価する視点から

勇気づけに移行できたらOK!と

励ましてくれます。

子ども達への対応を学んだ際に

考えすぎてしまって

言葉が出てこない

なんてことがありませんか?

私はあるのですが、

そうなるくらいなら

まずはダメだしするよりは褒めた方がいいのだから

褒めればいい。

徐々にシフトチェンジできればOKと

言ってくれています。

人はすぐには変われません。

少しずる意識してよりよくなっていけば

いいのです。

まずは自分を勇気づけ

つい子どもたちのことを考えると

自分のことが後回しになるのは

先生でも起こりがち。

でもまずは自分が勇気づけられていないと

子ども達を勇気づけることなんて

できません。

自分の心の中が荒ぶっているのに

それを隠して子どもたちを勇気づけても

子ども達にはお見通しなのです。

まずは自分を労り、大切にし

勇気づけてください!

今日も仕事に行った!

朝起きたぞ!

十分すごいことですがから

めいっぱい勇気づけてください✨

ではまた!

Twitter (フォロー大歓迎です!)

お問い合わせ

質問&相談部屋始めました♡