【YouTube】仮説検証:保育者たちの「給料上げて!」の裏側に隠された本音とは?

こんにちは!酒井です。

保育者の方に向けて

YouTubeチャンネルを開設しています。

今週より月~金の週5日18時アップに変更しました!

まだスタートしたばかりのチャンネルなので

試行錯誤をしながらアップしています。

何かのお役に立てたら光栄です✨

よく保育者たちが給料をあげて!という声を

あげているところを耳にすることが

あるかもしれません。

でも本当に給料が安いことだけが

問題ならば副業などをして

お金を増やせばいいだけのこと。

本当にやりがいがあり

楽しい仕事であれば

そうする人もたくさんいるはずです。

でも現実には違います。

さらには全ての保育者の給料が

安いわけではありません。

つまりは「給料が安い」という主張の裏側には

何かしらのメッセージが隠れているわけです。

保育者たちが本当に訴えているのは

これほど精神的にも肉体的にも大変な

仕事であるこの仕事を認めてほしい!

そう思っているのではないでしょうか?

お給料=その仕事への価値

と見えなくもありません。

これほど必要で大変な仕事であるにも関わらず

これだけの給料なの?

という想いがあるのかもしれません。

とはいえ、先生たちの給料が上がらないのは

保育所の運営のデザインにも

問題があるのです。

訴え続けることは大切ですが

誰かが変えてくれるのを待つだけではなく

自分たちでも行動を起こしていかなければ

いけません。

Twitter (フォロー大歓迎です!)

お問い合わせ

質問&相談部屋始めました♡

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする