【YouTube】フランス流子育ての基本は「ちょっと待つ」を体験すること

こんにちは!酒井です。

保育者の方に向けて

YouTubeチャンネルを開設しています。

有難いことに登録してくださる方も増え、

少しずつではありますが

視聴して下さる方もいて

とても嬉しいです!

これからもお役に立てるように

頑張ってアップしていきます。

このチャンネルでは教育に関する書籍を1冊取り上げて

前編後編に分けて紹介するチャンネルとなっています。

何かのお役に立てたら光栄です✨

今回は

「フランスの子どもは夜泣きをしない 

パリ発「子育て」の秘密」

を取り上げて紹介しました。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

フランスの子どもは夜泣きをしない パリ発「子育て」の秘密 [ パメラ・ドラッカーマン ]
価格:1650円(税込、送料無料) (2021/12/8時点)

楽天で購入

「幼児教育に関係ないのでは?」

というお声を聞こえてきそうですが

この書籍の中に、フランスの保育所のことや

保育所で働く先生のことが書かれていたり

先生として子どもと関わる上で

私個人が大切では?を考える要素が書かれていたので

先生たちが使えそうなところを抽出して

まとめてみました。

フランスの教育を紹介するからといって

「フランスの教育がいい!」

「日本の教育はダメだ…」といった

単純なことを言いたいわけではありません。

それぞれに良さがあり

国民性や文化背景などによっても

違いがでてくるもの。

ただ知らなければ子ども達と

どういう関わりをしたいのか?など

選択肢が少なくなってしまいます。

視野を広げ、選択肢の幅を広げるために

いろいろな教育のことを知ることは

大切なことだと思っています。

Twitter (フォロー大歓迎です!)

お問い合わせ

保育者のための知のライブラリー(Stand FM)