【#11一歩先の世界へ】死を意識することで生が輝く

こんにちは!酒井です。

シリーズで書き始めた

幼児教育とは関係のない書籍を

むりやりこじつけて幼児教育にあてはめてみるという

【一歩先の世界へ】

感想等あれば(なくても大丈夫です!)

ぜひTwitterなどで

絡んで頂けるとより喜びます笑

Twitterはこちら

前回の記事はこちらから▼

#1一生懸命仕事をしているのに、あなたが定時退勤できないわけ

#2切り捨てられる保育者の時代が来る?!

#3経験年数=ベテランという方程式は成り立たない

#4都合のいい人にならないで!

#5成功に近道も特効薬もなし!

#6幸せは自分の中にある

#7職場の外にも居場所を作る

#8最も良い教師とは最も多くの失敗を語れる人

#9子どもの立場になって感動できるポイントを見つけてみよう!

#10幸せに仕事ができれば、生産性も効率も上がるのだ!

今回選んだ書籍

今回取り上げる書籍はこちら▼

夢をかなえるゾウ ガネーシャと死神

By水野敬也

音声をお聞きになりたい方はこちらから▼

stand FM:死を意識することで生が輝く

お馴染みになってきました

夢をかなえるゾウシリーズ(笑)

こちらで1巻を取り上げたところ

私自身がハマってしまって

気が付けばシリーズ全てを制覇してしまいました。

シリーズ全てを読んでみた個人的な感想としては

このシリーズ4が一番おススメ✨

もしどれを読むのか迷ったら

4巻だけでも読んでみて欲しいです。

全て1冊完結の書籍なので

4巻から読んでも全く違和感なく読めます。

今回のテーマは死神が出てくるので

お分かりかもしれませんが

「死」

他の巻を読んだことがある人にとっては

1巻からおなじみのお釈迦様。

2巻にちらりと登場した死神が出てきます。

ある日突然余命三ヶ月を宣告された主人公が

残りの時間をどのように使っていくのかが

描かれています。

若くて健康に問題がないと

あまり「死」というものを

意識することはありません。

でも死は誰にでも訪れるものであり

若いから、健康だから

絶対に大丈夫!という保障もありません。

そして死を意識するからこそ

今ある生をどうやって使っていくか?を

考えることができるのです。

だからこそ、誰でも

死と向き合うことは大切なことなのです。

気になる方は書籍をチェックしてみてください!

紙の書籍▼

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

夢をかなえるゾウ4 ガネーシャと死神 [ 水野敬也 ]
価格:1738円(税込、送料無料) (2021/10/11時点)

楽天で購入

電子書籍▼

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

夢をかなえるゾウ4 ガネーシャと死神【電子書籍】[ 水野敬也 ]
価格:1738円 (2021/10/11時点)

楽天で購入

お金の問題がなかったらどんな仕事をしたいか夢想する

ガネーシャシリーズでは

ガネーシャからの教えてとして

いくつかの教えが書かれています。

今回は22個の教えが書かれていますが

その中から厳選して5個紹介していきます。

先生という仕事に情熱を見出していくことも

とても大事なことです。

でももしも、先生という仕事を選んだのが

ただ何となくとか

資格が取れて将来が安泰だからとか

自分の情熱を燃やせる分野を本気で

探してこなかったのだとしたら・・・。

一度お金のことは脇に置いて

自由に考えてみることも大事なこと。

それができるか?できないか?は

考えずに向き合ってみると

自分がやりたかったこと

諦めたことが見えてくるかもしれません。

すぐには見つからないかもしれませんが

折に触れて考えていると

ふとした時に思い浮かぶことがあります。

脳は一度問いを与えられると

無意識の状態でずっと考え

続けてくれているそうです。

そして何か思い浮かんだら

本当にそれは実現できないのか?

考えてみてはどうでしょうか。

今は副業もやりやすい時代です。

今の仕事を辞めなくても

スモールチャレンジができるのです。

そして思い浮かべた夢の叶え方も

たくさんあります。

方法は一つしかないということはありませんし

形を変えると実現できるということも

あるものです。

人生は一度キリ。

致命傷を負うようなチャレンジはおススメしませんが

かすり傷程度なら、どんどん試してみても

いいのではないでしょうか?

大きな夢に向かう小さな1歩を、今日踏み出す

夢がないという人もいるかもしれませんが

なんとなくぼんやりとした

大きな目標というものはあるかもしれません。

たとえば、社会貢献したいとか

何かで起業してみたいとか

これらはあまりにも抽象的で

漠然としているので

どうやっていけばいいのかの道筋もみえません。

でも「やる」と決めたその瞬間から

やれることはいくらでも生まれてきます。

ネットで調べてみる。

友人の話を聞きにいく。

どれほど大きな夢や目標であっても

そこに近づくためにできることは

実は今、この瞬間にあるものです。

「死ぬまでにやりたいことリスト」を作る

死ぬまでにやりたいことリストを

作ったことがありますか?

私は絶賛作成中です。

もし作ってみようかな?と思われたら

頭で考えるよりも実際に書き出すことを

おススメします。

書き始めると、楽しくなってきて

気分が乗ってくるものです。

頭で考えてしまうと

いやームリでしょ!とふと思ってしまったら

一気にテンションが下がってしまいますから。

書き出していくと、ワクワクしてきますし

忘れてしまっても振り返れば

すぐに思い出せます。

死ぬまでにやりたいことリストを書いたからといって

全てを叶えることは確かに難しいかもしれません。

でも大事なことは全てを叶えることではなく

自分が何を大切にしているのか?

何をやりたいと思っているのか?を知ることです。

知らなければ行動を起こすこともできませんし

チャンスが来てもそのチャンスに乗ることができません。

かなえてきた夢を思い出す

夢や目標は未来をみるものです。

そして夢や目標は魅力的で人を惹きつけるものです。

だからこそ、叶っていない現状や叶えられない状態に

ストレスを感じることがあるのです。

でも実は誰もが夢を叶えてきているのです。

周りと比べて「たいしたことない」と思ってしまったり

叶えた夢に新しい夢を上書きして

なかったことにしたりしているのです。

すごい人や他者と比べしまうと

私のなんて・・・と思いがちです。

でも幸せの感じ方や夢、目標は

人それぞれで

そこに上とか下はありません。

私には叶えてきたものなんてない!

と思う人ほど

探してみて欲しいと思います。

今日は○○のケーキが

食べたいなぁ

食べられた✨

これだって十分夢を叶えています。

そんな小さな夢なんて

夢に入らない!という声も聞こえてきそうですが

夢に大きいも小さいもありません。

それはご自身で勝手に決めた尺度でしかありません。

極端な話をすれば

明日食べる物にも困っている人にとっては

ケーキが食べられることは

夢のまた夢かもしれません。

であるならば、あなたはある人が願っている夢を

既に叶えていることになります。

虫眼鏡で見るように

小さく見えることでも

拡大してみてください。

他者の欠点を受け入れる姿勢を持つ

気にいらない人、ニガテな人、嫌いな人

そんな人ほど、欠点が際立って見えてしまう。

そんなことはありませんか?

日本は特に文化的に

加点方式よりも減点方式が主流ですから

そうなりがちなのかもしれません。

でも自分自身に欠点がないように

短所が裏を返すと長所になるように

誰しも何かしらの欠点はあるものです。

それが人間であり

人のおもしろいところだとも思うのです。

他者に完璧を求める人は

自分に対しても完璧を求める傾向が

あるように思います。

(過去の私のように)

そして自分に完璧を求める行動は

とても苦しいことなのです。

なぜなら、完璧な人は

この世にいないから。

そして自分の欠点が気になるからこそ

他者に対しても

世の中のことに対しても

負の部分ばかりが目についてしまい

イライラしたり

ストレスが溜まったり

気を病んでしまうなど不具合が起こるのです。

同じ出来事でも捉え方一つで

見え方が変わるように

他者の欠点を受け入れるようになると

イライラしてばかりいた世界も

変わってみえるようになります。

自分自身を労わるためにも

完璧主義だなぁと思う方は

チャレンジしてみて欲しいです。

いかがでしたか?

ではまた次回の書籍でお会いしましょう!

Twitter (フォロー大歓迎です!)

お問い合わせ

保育者のための知のライブラリー(Stand FM)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする