【1歩先の世界へ#3】経験年数=ベテランという方程式は成り立たない

こんにちは!酒井です。

シリーズで書き始めた

幼児教育とは関係のない書籍を

むりやりこじつけて幼児教育にあてはめてみるという

【一歩先の世界へ】

早いもので3回目となりました。

お楽しみ頂けているでしょうか?

感想等あれば(なくても大丈夫です!)

ぜひTwitterなどで

絡んで頂けるとより喜びます笑

Twitterはこちら

前回の記事はこちらから▼

#1一生懸命仕事をしているのに、あなたが定時退勤できないわけ

#2切り捨てられる保育者の時代が来る?!

3回目に選んだ書籍

今回取り上げる書籍はこちら▼

小さなチーム、大きな仕事~働き方の新スタンダード~

Byジェイソン・フリード&デイヴィッド・ハイネマイヤー・ハイソン

★音声でお聞きになりたい方はこちらから

書籍のタイトルにもあるように

働き方の新スタンダードとして書かれた書籍です。

今では日本でも当たり前になりつつある

リモートワークや2拠点生活など

働く場所や住む場所にとらわれなくても、

働くことはできるよ!といったことが書かれています。

また読みやすいように、

「現実世界なんて無視しよう」のように

それぞれ小さなテーマで数ページずつ書かれているので

目次をみて気になるところから読む

ということもできる書籍です。

気になる方は書籍をチェックしてみてください!

①ワーカーホリックはバカげている

こちらの書籍はたくさんの項目があるのですが

私の勝手な選定で今回は4つのテーマを取り上げます。

まず一つ目は「ワーカーホリックはバカげている」

私たちの仕事に通ずるところもあるように思うのです。

先生の仕事は業務量も多く、

することもたくさんあります。

製造業のように何かを作ると

いう仕事でもありませんから

自分の裁量次第で

いくらでも仕事は増幅していきます。

そして、中には残業をしてまで仕事が頑張っている自分

休日も返上して園のために仕事をしている自分

そんな自分をなんてすごいのでしょう!

と酔いしれている方も少なからずいるのではないでしょうか?

私は先生をしていた頃、定時退勤を徹底していました。

その際に自分に言い聞かせていたのは

「残業するのは無能の証」という言葉。

残業することになったり、

家で持ち帰り仕事をすることは私にとっては

敗北であり、恥ずかしいことでした。

私のようにここまで鬼になれ!とは

さすがに言いませんが笑

でも長い時間をかけた=良いものができる

ということではありません。

それよりも時間や期限を決めて取り組み

しっかりと睡眠をとって仕事に臨んた方が

より良いものができあがるのです。

仕事ばかりに集中してしまうと

かえって視野が狭くなり

クオリティが下がってしまうのです。

②時間がないは言い訳にならない

二つ目は「時間がないは言い訳にならない」

先生の仕事はいつも何か時間に追われているように

感じることがあるかもしれません。

でも本当にそうでしょうか?

何か本当にやりたいことがあれば

他にやることがあっても

人は時間を絞りだすものです。

ということは時間はあるのです。

どこかでムダをしていないか

一度振り返ってみるといいのかもしれません。

③基本的に「ノー」と言おう

「イエス」と答える方が

「ノー」というより余程気持ちがラクです。

とくに日本人は「ノー」と答えることが

ニガテな人が多い印象です。

私自身も「ノー」というのがニガテで

最近、一生懸命断る練習をしているところです。

断るのがニガテな理由も人それぞれだと思います。

・嫌われたくない。

・自分が断ることで他の人に迷惑が、かかったら嫌だ。

・頼んできた相手を無下にはできない。

・上司や先輩だから断れないなど。

とはいえ、断れないと

仕事はどんどん増えていきがちです。

仕事における目標や目的をしっかりと

持つことで仕事が取捨選択できるようになり

自ずと断ることもできるようになっていきます。

断ることも技術力です。

そして時間は有限です。

④経験年数は意味がない

幼児教育の現場に限ったことでは

ないのかもしれませんが

経験年数が長い=ベテランの先生

と思われることが多いように思います。

しかし本当にそうでしょうか?

私は違うと思うのです。

もちろん、経験年数が長くて

ベテランと呼べるすごい方もいらっしゃいますが

それは経験年数が長いからその方がベテランなのではなく

その方が一生懸命仕事に取り組まれてきた

結果だと思うのです。

さらにいえば、経験年数だけが長くても

「うーん?」と思う残念な先生がいることも事実です。

逆に経験年数は短くても

「この先生すごいなー!」と思う先生もいますよね。

経験年数が過大評価されがちですが、

大事なことはどのくらい質の高いことをしていたか?

なのです。

と、幼児教育の現場にも通ずるところがある4つを

取り上げて、書いていきました。

いかがでしたか?

ではまた次回の書籍でお会いしましょう!

Twitter (フォロー大歓迎です!)

お問い合わせ