【1歩先の世界へ#1】一生懸命仕事をしているのに、あなたが定時退勤できないわけ

こんにちは!酒井です。

私たちはみな井の中の蛙

【井の中の蛙大海を知らず】

という言葉を知っていますか?

幼児教育の世界だけの話ではありませんが

自分が知っている世界だけを深めても

視野が狭くなるだけです。

全く異なるように見える世界を知ることで

世界は大きく広がります。

ということで、このシリーズでは

あえて幼児教育とは関係のない書籍を取り上げ

紹介することで視野を広げるお手伝いが

できたらと思っています。

第一回目の書籍

今回取り上げるのはこちら▼

「エッセンシャル思考」by グレッグ・マキューン

この書籍では主に4つのパートに分かれており

エッセンシャル思考の考え方、

正しく減らしていく方法について語っています。

エッセンシャル思考とは?

エッセンシャル思考というものは簡単に説明すると

ムダなことを極限まで減らし、

大切なことに集中する技術のこと。

この書籍から私たち保育者たちが

得られることは何でしょうか?

一緒に考えていきましょう。

一生懸命仕事をしているのにあなたが定時退勤できないわけ

さて、本日の本題に入っていきましょう!

突然ですが、

・定時退勤できていますか?

・本来の仕事である子ども達のために

活動を考える時間をたくさん取れているでしょうか?

休憩時間以外にも無駄話に花を咲かせ、

ダラダラと仕事をしているという方は

ここでは論外なので、取り上げませんが

そうではなく、一生懸命に仕事をしているのに

時間がなぜか足りなくて

結局残業や持ち帰り仕事、

休日も返上で仕事をしている方のことです。

もちろん、それはあなたの問題ではなく

業務量が多すぎる園に問題があるのかもしれません。

とはいえ、結論からお話すると

自分ができる容量を越えて

仕事を抱えているからです。

当たり前すぎて驚かれたと思いますし

そんなことは言われなくても分かっていたわよ。

と思われたことと思います。

いつも結論というものは

シンプルなもので

ここさえクリアできれば

あなたは今日からでも定時退勤ができるようになるのです。

とはいえ、答えは簡単なことでも

それができないから

多くの人が定時退勤ができず

たくさんの仕事を抱えているわけです。

だからこそ、一度立ち止まって

エッセンシャル思考の本と共に解決策を考えていきましょう。

①選択する

仕事は選ばなくてはいけません。

なぜなら時間には限りがあるからです。

頼まれたから

自分が断ったらその仕事が他の先生に回ってしまって

申し訳ないから

理由はいろいろとあるかもしれませんが

一人でやれることには限界があります。

さらにいえば、他の先生に仕事が回って申し訳ない

という気持ちは分かるのですが

それは回ってきた先生の問題であって

あなたの責任ではないのです。

回ってきた先生が受けるか断るかは

その先生が決めなければいけないことです。

その先生にも断る権利は

あなたと同じようにあるのです。

さらにいえば、皆が断れば

依頼してきた上の先生がやることになり

業務量の多さに気が付く

きっかけになるかもしれません。

皆がムリをしてでも引き受けて

頑張るから、気が付いてもらえない

ということもあるのです。

②トレードオフ

何かを選らぶことは、何かを捨てることです。

全部を選ぶことはできませんし

欲張りなことです。

たとえば、あなたが数百種類も用意されている

バイキングに行ったとしましょう。

その際に利用客の中に何とかして全ての種類を食べようと

躍起になっている人を見かけたらどう思うでしょうか?

見苦しいな。

みっともないな。

そう思うのではないでしょうか?

仕事も同じことです。

あれもこれもやろうとすることは

バイキングで数百種類を全部食べようと

していることと同じなのです。

③目標を明確にする

自分の中で仕事の目標を明確にします。

1番優先するのはクラスの仕事。

2番目に優先するのは担当している仕事。

3番目に優先するのは・・・

というように目標を明確にすると

優先順位が決まってきます。

その優先順位に照らし合わせて

断るべき時は仕事を断るのです。

断り方も技術力です。

エッセンシャル思考の本には

上手な断り方の話も書かれているので

参考にするのもいいかもしれません。

③バッファを取る

バッファとは余裕のこと。

先生たちを見ていると

余裕のない計画を無理やり押し通しがちです。

すでにたくさんの仕事を抱えているのに

あり得ない時間設定で「できる!」と

やろうとするのです。

人は時間の見積もりがニガテで

うまくできないので

自分が思う時間の1.5倍は多く見積もって

計画する必要があります。

それは仕事だけでなく

普段の子ども達と過ごす

クラス運営でも言えることです。

おまけ:余力があれば・・・

【削減】をしてみてください。

目標を明確にし、優先順位を作り

断れるようになり、

余裕を持たせた計画をたてるようになると

かなり仕事はスムーズになります。

ここまできたら

よりムダなことをしていないか?

不必要なことはないか?

と見直し

どんどん削減していくと

さらに仕事はスリムになります。

今回はエッセンシャル思考の本を取り上げ

保育者の方が使えるところを抜粋して

かなり強引にまとめています。

ご興味ある方は

エッセンシャル思考の本を読んでみると

他にもいろいろな方法が書かれているので

自分が取り組みやすいものから

やってみるのもおススメです。

個人的にはこの書籍を

先生たちの必読書にして欲しいくらいです。

ではまた次回の書籍でお会いしましょう!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

エッセンシャル思考 最少の時間で成果を最大にする [ グレッグ・マキューン ]
価格:1760円(税込、送料無料) (2021/7/3時点)

楽天で購入

Twitter (フォロー大歓迎です!)

お問い合わせ