限度額適用認定証を申請しよう!

こんにちは!酒井です。

今日は「限度額適用認定証」の話を

書いていきます。

限度額適用認定証をご存知ですか?

これは簡単に説明すると、

1ヶ月の医療費が限度額を越えた場合

(所得によって負担額が変わるのですが)

それ以上は負担しなくてもよいというもの。

*ぜひ、「限度額適用認定証」とご自身で調べてみてください。

申請は加入している健康保険組合に行います。

所属する健康保険によって

申請方法が異なるので窓口に問い合わせるか

調べてみてください。

私はこの度の妊娠出産でとても助かりました。

というのも、切迫早産で突然入院となり

16日間という長期の入院となりました。

(しかし、退院後1週間以上経ってからの

出産となりまして、あの入院は…と思ったのでした笑)

1週間以上の入院となる場合は

限度額適用認定証を絶対にあった方がいいです。

私ははじめ個人の産院に1週間入院した後

念のため大きい国立病院に転院となったのですが

8日間の入院で限度額適用認定証が間に合わなかった場合

40万円程払うことになるところでした。

もちろん、後から申請して戻ってくるのですが

一時とはいえ、40万を負担するのは大変ですし

こういったものは、戻ってくるのが

遅いのが常ですから…。

さらに言えば、私が加入している健康保険は

手続きが本当に遅くて

入院してすぐに申請したにも関わらず

退院日の前日に届くという

ギリギリでした。

なので、予定があるかどうかに関わらず

保険と同じで申請して

持っておけば安心だと思います。

申請にお金が掛かるわけでは

ありませんし

もっておいて損ということはありません。

きちんと調べたわけではありませんが

盗まれるリスクも低いものだと

個人的には思うので

危険ということもないでしょう。

とくに妊娠中の方は

絶対に持っておいて損はないものだと

思っています。

(何事もなければ、よかったというだけのこと)

妊娠出産はとくに費用もかかりますから

一時的でも

出費は最小限にした方がよいです。

もちろん、妊娠中に限らず

使うものなので

ぜひ調べてみてください。

本来なら払うべき金額

40万以上の明細書をみて

目を疑いましたし、

(2,3度見返しました笑)

よかったと心底思いました。

(経験者は語る)

ではまた!

————————————————————

幼児教育の現場で頑張る毎日・・・。

仕事や職場環境にモヤモヤすることもあると思います。

そんな時に気軽に相談してもらいたくて

相談窓口としてLine@を作成しました!

1:1でトークもできますし、

誰に見られる心配もありません。

ぜひ、お気軽にご登録ください。

友だち追加

Twitter (フォロー大歓迎です!)

お問い合わせ