褒める時は1対1で

こんにちは!酒井です。

子ども達が何か素敵なことをしたら

「褒めたい!」と思うのが

先生心というもの

なのかもしれません。

その褒めるのちょっと待って!

ですが、何も考えずに

褒めるのは

相手の子どもにとっても

先生にとっても

良いことでは、

ないかもしれません。

褒めるという行為を

第三者が見た時

その第三者は無意識のうちに

脳に嫉妬の感情が表れ

その褒める現場を「不快だ」と

感じるという研究結果があります。

また、その褒めている相手に対しては

印象が悪くなります。

もちろん、この研究は

大人を対象に行ったものなので

子どもでも同様の成果が得られるかは

不確かですが

でも子どもであっても

人間であることに変わりはなく

また脳は6歳児の段階で

ほぼ90%が完成しますから

可能性は高いと私は思っています。

先生の中には何か素晴らしいことをした

子どもに対して

クラス中に

「〇〇ちゃんがこんなすごいことをして

皆さんも見習いましょう!」とか

「すごいですねぇ」とか

褒める場面を見かけることがありますが

むしろ逆効果で

聞いている子どもに

嫉妬心を抱かせてしまったり

不快感を抱かせてしまったり

もしくは先生自身の印象を

悪くしてしまっている可能性も

あるわけです。

褒める場合は1対1で

クラス全員を褒める場合は

問題ありませんが

個人的に褒める場合は

”一対一”での方が

おススメです。

ではまた!

————————————————————

幼児教育の現場で頑張る毎日・・・。

仕事や職場環境にモヤモヤすることもあると思います。

そんな時に気軽に相談してもらいたくて

相談窓口としてLine@を作成しました!

1:1でトークもできますし、

誰に見られる心配もありません。

ぜひ、お気軽にご登録ください。

友だち追加

Twitter (フォロー大歓迎です!)

お問い合わせ