何事も思考の転換の練習になる

こんにちは!酒井です。

今は日本だけでなく

世界規模で大変な状況となっています。

私の想像に及ばないような

苦労や大変な状況にいらっしゃる方も

たくさんいるのだろうなと

思っています。

少しでも情勢が良くなることを

祈るばかりです。

こういう時だからこそ!

暗くなるニュースばかりが

最近はどうしても多くなりがちですし

人はポジティブな情報よりも

ネガティブな情報を拾いやすく

さらにはネガティブな情報から

受ける影響は

ポジティブな情報から

受ける影響の

数倍もあると言われています。

「こんな時こそ!」

というわけではありませんが

自分の想像を越える事態が

起こった時は

いつも以上に思考の転換の練習になります。

考えるのは自宅にいてもできますし

家から出られない時だからこそ

いつも以上に思考する時間を

取るのもおススメです。

具体的に私がしていること

具体的に私が何をしているか?と言いますと

たとえば、利用者が激減している

ホテルの経営者だったら

自分はどんな対策を取るか?とか

・従業員のリストラ

・従業員の賃金やボーナスカット

↑これらのことはすぐにも考え付きそうですし

すでに実施されていると耳にしています。

なのでもう一歩考えてみるわけです。

ただ事態を病気や政府の対応のせいにするのでもなく

救済金を待ち続ける待ちの姿勢でもなく

【攻めの姿勢】でいくには?と。

すると

・セレブ向けにホテルの料理をデリバリーする

(セレブ向けなので価格も高くできる!)

・政府に許可をとって、コロナが恐い高齢の方向けの

避難施設して使っていただく

(高齢者の方は裕福な方も多いので)

その際にホテルのルームサービスを使ってもらう。

さらに宿泊代金やルームサービス代を安くする。

お客さんが来ないよりは、損害額が減るので。

といったアイディアが浮かんでくるわけです。

あくまで考えているだけなので

誰かの迷惑になるわけでもありませんし

正解、不正解があるわけでもありまんし

失敗するリスクを考える必要もありませんから。

というように、いろいろな視点から

物事を考えることで

疑似的に視野を広げることができます。

またこういったことは

やればやるほど練習にもなりますし

スキルも上がってきます。

視点や視野が広がることのメリット

視点や視野が広がることは

あらゆることを

一歩引いた目線から見る力を養えたり

自分の頭で試行する訓練にもなります。

ぜひ、こういう時だからこそ

視点や視野を広げ、

物事を多角的に捉える力を

パワーアップさせたいですね。

ではまた!

————————————————————

幼児教育の現場で頑張る毎日・・・。

仕事や職場環境にモヤモヤすることもあると思います。

そんな時に気軽に相談してもらいたくて

相談窓口としてLine@を作成しました!

1:1でトークもできますし、

誰に見られる心配もありません。

ぜひ、お気軽にご登録ください。

友だち追加

Twitter (フォロー大歓迎です!)

お問い合わせ