将来を見据えて子ども達と関わる

こんにちは!酒井です。

子ども達と関わる時

どのようなことを考えていますか?

長期目線で子ども達と関わる

私は子ども達と関わる時、

できるだけ「長期目線」で

物事を考えるようにしていました。

確かに先生として関わるの

子ども達の人生の数年でしかありませんし

さらに言えば、

とても幼い時期です。

そうなると、つい目先のことに

意識が向いてしまいがち。

〇〇ができるようになったか?とか

○○がまだできていないとか

もちろん、生活習慣を身に付けることも

大切なことですし

ないがしろにすることはできません。

でも子ども達の将来を見据えた関わりも

大事なことだと思っています。

長期目線と短期目線が大事

ビジネスの世界では

短期目線と長期目線の両方が大切だと

言われていますが

それは他のことにも言えますし

子ども達との関わりにおいても言えます。

先生たちが関わる時期は短くても

子ども達はこの先も長い人生が待っていますし

これからの社会はますます

流れが早く、

生き抜くことも大変になっていくと予想できます。

その先に、子ども達には

生き抜く力をしっかりと身に付け、

人生を生き抜いて欲しいもの。

ですから、目先のことだけではなく

関わる子ども達の将来も考えながら

関わって欲しいと思っています。

ではまた!

————————————————————

幼児教育の現場で頑張る毎日・・・。

仕事や職場環境にモヤモヤすることもあると思います。

そんな時に気軽に相談してもらいたくて

相談窓口としてLine@を作成しました!

1:1でトークもできますし、

誰に見られる心配もありません。

ぜひ、お気軽にご登録ください。

友だち追加

Twitter (フォロー大歓迎です!)

お問い合わせ