園は失敗を保障する場

こんにちは!酒井です。

失敗するのは嫌いですか?

日本語のイメージも良くないと思うのですが

失敗ではなく、

うまくいかなったという事実に過ぎません。

そして園という場は

子ども達のうまくいかなったを

保障する場であって欲しいと願っています。

先生たちも失敗を恐れている

にも関わらず

先生たち自身が

自分の失敗を恐れていたり

自分に完璧であることを求めたり…。

という場面を目にすることがあります。

こういったことを書いている私自身も

新米先生の頃

まさに自分自身の失敗を恐れる、

完璧を求める先生でした。

でもそれは自分にとっても

子ども達にとっても苦しいことです。

自分の失敗を認められないということは…。

さらに言えば、

自分の失敗を認められないということは

心の底から子ども達の失敗も認められないのと

同じことです。

何事も自分自身ができていないことを

他の人にもすることはできません。

ですから、子ども達の「うまくいかなった」という

経験を保障するためにも

先生自身も完璧を目指すことなく

自分のうまくいかなった経験も

認めてあげてください。

ではまた!

————————————————————

幼児教育の現場で頑張る毎日・・・。

仕事や職場環境にモヤモヤすることもあると思います。

そんな時に気軽に相談してもらいたくて

相談窓口としてLine@を作成しました!

1:1でトークもできますし、

誰に見られる心配もありません。

ぜひ、お気軽にご登録ください。

友だち追加

Twitter (フォロー大歓迎です!)

お問い合わせ