早期教育よりも…?

こんにちは!酒井です。

正確な発表時期は

忘れてしまったのですが

数年前に、早期教育を研究している

海外のチームが

早期教育を受けた子どもと

受けなかった子どもで

「10年後、能力に差はなかった。」

という研究結果が発表されました。

あくまで研究結果

もちろん、「研究結果」

というものは

「絶対」というものではなく

同じ研究対象でも

研究者によって意見が異なったり

数年、数十年後に

あの研究は間違っていた。

ということもあります。

(マシュマロテストの話が良い例ですね)

ですから、早期教育は

絶対にやめるべきだー!

とは私は言いません。

それは家庭の方針ですし

保護者の方が考えることであり

部外者が口出しをするものでもない

と思っています。

人は人の中で人として育つ

とはいえ、幼児教育に関わるものとして

おススメなのは

早い時期から

クオリティの高い幼稚園や保育園で

人間関係を学ぶこと。

ある研究でも

人間関係によって人のIQは変わるとか

IQが120程あると成功しやすいとか

言われています。

個人的にIQがそれほどの影響力があるのかは

断言できませんが

でもIQを上げるのに多額のお金が必要

というわけでもないので

試す価値はあると思っています。

「クオリティの高い」

というのも大事なポイントですが…。

幼稚園や保育所は

まさに人間関係の宝庫!

少人数制の園であっても

複数人は子ども達がいるわけで

人間関係を学ぶことができます。

「人は人の中で人として育つ」

と言われるように

人の中にいるからこそ、

自分の好き嫌い

自分の価値観や考え

感情との向き合い方など

時には苦しいこともありますが

様々なことを学ぶのです。

その中で他者との交渉術を体得したり

(こうすれば〇〇ちゃんから

あのおもちゃを借りられる…とか笑)

他人の気持ちを推察したり

共感できるようになったり

子ども達が成長していく過程においても

大人になり社会に出た時にも

使えるスキルとなるわけです。

それだけ人間関係というものは

重要なもの。

ぜひ、先生たちには

自分たちはそれだけの役割を担っている!と

自信を持ち、クオリティの高い場を提供して欲しい

と願っています。

ではまた!

————————————————————

幼児教育の現場で頑張る毎日・・・。

仕事や職場環境にモヤモヤすることもあると思います。

そんな時に気軽に相談してもらいたくて

相談窓口としてLine@を作成しました!

1:1でトークもできますし、

誰に見られる心配もありません。

ぜひ、お気軽にご登録ください。

友だち追加

Twitter (フォロー大歓迎です!)

お問い合わせ