夫の保護者からのコメント

◆夫の保護者からのコメント

こんにちは!酒井です。

先生をしていると

いろいろな保護者の方と出会います。

個人的な体感でしかありませんが

職場の人間関係のトラブルより

保護者との関わりの方が穏便なケースが

多いように感じています。

もちろん、虐待していたとか

イジメを黙殺していたとか

死亡事故を起こしたとか

そういったケースはここでは論外です!

ですから、保護者の方と誠実に向き合い

信頼関係を構築していけば

それほど大きなトラブルに発展することは

ないと思いますので

必要以上に保護者対応を恐れる必要は

ないと思っています。

夫の保護者からのコメント

とはいえ、SNSの扱いについては

気を付けた方がよいと思っています。

これは実際に私自身が経験したことですが

数年前、とあるブログサイトで

ブログを書いていました。

その当時も顔と名前を公開して

ブログを書いていたのですが…。

ある日突然、そのブログのコメントに

「奥さんであるあなたがこのようなことをしているから

酒井先生はしっかりとしたクラス運営ができないのです」

といった内容の書き込みがされたのです。

初めてコメントを見たときは

あまり気にも留めず、いたずら程度に

受け取っていたのですが

似たような内容の

コメントが連日続くわけです。

さすがに私も気になって

IPアドレスなど調べると

いずれのコメントも同一人物からのものと判明。

また、あまり気にも留めていなかった

コメント内容を熟考してみると

明らかに夫のことを知っている人間。

また夫のことを「酒井先生」と書くあたりから

夫が関わる保護者ではないか?と思われました。

*あくまで憶測ですので、あしからず!

その辺りを考察した上で

夫に事情を説明したところ、

思い当たる保護者が一人いるとのこと。

とはいえ、夫とその保護者の方は

もめていたわけではなく

むしろ、週2回ほどのペースで

相談に乗っていたのです。

これ以上続く場合は

法的な手段も考えたのですが

実害もなく、

またその保護者の方の

メンタルが落ち着くと同じくして

私へのコメントもなくなったので

特定させる手段にまではでませんでした。

勝手な憶測で決めつけるのは

良くありませんが

その方だったのか違ったのかにせよ

夫に関係する人物であることは

文面から明らか。

相手に対する怒りではなく

その当時も

私は自身のブログや発信には

夫の名前や顔を出すことはしないように

気を付けていたのですが

特定されてしまったことへの

驚きの方が大きかったです。

この一見があってから

それ以上に気を付けるようになりました。

(夫に限らず、私に関わる方たちも含め。)

SNSの取扱い

その当時も今も

私は誰かに読まれて困るようなものは

書いていませんし、

そういった行動もしていません。

誠実にSNSとは向き合っているつもりです。

そのお蔭で

夫の保護者から特定されるようなことが

起こっても

あの程度の出来事で済んだようにも思います。

必要以上に恐れることもないと思いますし

先生だからSNSを止めた方がいいとも

私は思っていません。

やはりSNSの可能性は大きいですし

使いようによっては

本当に素晴らしいツールですから。

先生達にもぜひ活用していって欲しいもの。

ですが、匿名でやっていようと

顔出しをしていなかろうと

そこに安心するのではなく

どのような発信の仕方をするにしても

誠実に誰に読まれても困ることない

責任を持った付き合い方を

していって欲しいと願っています。

ではまた!

————————————————————

幼児教育の現場で頑張る毎日・・・。

仕事や職場環境にモヤモヤすることもあると思います。

そんな時に気軽に相談してもらいたくて

相談窓口としてLine@を作成しました!

1:1でトークもできますし、

誰に見られる心配もありません。

ぜひ、お気軽にご登録ください。

友だち追加

Twitter (フォロー大歓迎です!)

お問い合わせ