時間に助けてもらう

◆時間に助けてもらう

こんにちは!酒井です。

先輩先生とうまくいかなった1年間は

とても辛く、

出口のない暗闇の中にいるかのようでした。

あれから月日も

かなり経ちましたが

今でも覚えていますし

その先輩先生には会いたくありません。

ムリはしない!

過去の私が経験したような

辛い日々を

今まさに過ごしている方にとって

「終わりはくるのだろうか?」とか

「つら過ぎてつら過ぎて…」

という方もいると思います。

経験者として言えることは

「終わりは必ず来る」

ということですが

辛いさなかに

その出来事から学びを見つけ出そうとか

意味を見出そうとか

ムリやり抜け出そうとか

そういったことは

今はしなくて良いと思うのです。

意味付けは自分感覚でOK!

いずれそこから抜け出し

向き合えるようになった時に

その出来事に意味を見つけたり

学びを見つけたりすれば

よいと思っています。

実際、私も辛い出来事からの学びは

ここ数年で見えてきたことも

たくさんあります。

その意味付けが正しいかどうかは

分かりませんが

自分のことなのですから

自分が良くて納得できるなら

何でも良いのです。

時間に助けてもらう

ですから、

辛い時はムリをせず

時間に任せてみる。

時間は癒しになります。

良い意味で

時間が経過してくると

痛みを忘れるわけではありませんが

薄らぐことも

たくさんありますから。

また時間関連でいえば

”あえて忙しくしてみる”

というのも効果があります。

忙しいというのは

時間に追われるようなもので

時間に追われていると

そういうった内面の辛さや痛みを

忘れさせてくれます。

もちろん、一時的なものでは

ありますし、

ふと思い出せば

やはり辛いですが、

何もせずに苦しむよりは

いいかなと思います。

ずっと忙しくし続けるのは

おススメできませんが

心のために

あえて忙しくするのは

一つの方法としてアリです。

自分に合った方法が

あると思いますので

ムリなく、

時間に任せてみてください。

ではまた!

————————————————————

幼児教育の現場で頑張る毎日・・・。

仕事や職場環境にモヤモヤすることもあると思います。

そんな時に気軽に相談してもらいたくて

相談窓口としてLine@を作成しました!

1:1でトークもできますし、

誰に見られる心配もありません。

ぜひ、お気軽にご登録ください。

友だち追加

Twitter (フォロー大歓迎です!)

お問い合わせ