選ばないという意思表示

◆選ばないという意思表示

こんにちは!酒井です。

昔と違って

私たちはいろいろなことが

選択できるようになりました。

それらは

「自由」という呼ばれ

選ぶ自由

言論の自由など

私たちにはたくさんの自由があります。

それは良いことな反面

気を付けなければいけないことも…。

選ぶことで

自分の意思を表示することがありますが

選ばないことで

自分の意思を表示することもまた

大事なことだと思っています。

たとえば、

今は待機児童の問題や先生不足などの

影響があって

先生達は園を自由に選びやすい

環境にいるかと思うのです。

そういう時こそ

ただなんとなく

適当に選ぶのではなく

じっくりとしっかりと

納得のいくまで選んで欲しいのです。

そして

ここは…。

と思う園は

妥協しないで

どうか選ばないで欲しいのです。

「選ばない」という

意思表示をすることで

その園は選んでもらえるように

変わらざるを得なくなるから。

今は一般企業では

そうした流れが少しずつ生まれています。

新卒者はあらゆる方面から

企業を選定し

より良い選択をしようとしています。

その流れもあり

外資系に優秀な新卒者が流れているとか。

そうなってくると

古くからの態勢を貫いている企業

ブラックな企業などは

人手不足に陥りますし

優秀な人材が入ってこなくなります。

そうならないために

柔軟に変わっていくことを

強要されることなく

せざるを得なくなるわけです。

個人的には良い流れだと思っています。

働く場に選んでもらう時代は終わり

個人が働く場を選ぶ時代に

シフトチェンジしてきています。

もちろんそのためには

自らスキルアップなど

努力する必要もありますが

頑張れば

良い環境で働くことが

可能になるわけです。

どうぞ、選ばれる側ではなく

選ぶ側になってください。

ではまた!

————————————————————

幼児教育の現場で頑張る毎日・・・。

仕事や職場環境にモヤモヤすることもあると思います。

そんな時に気軽に相談してもらいたくて

相談窓口としてLine@を作成しました!

1:1でトークもできますし、

誰に見られる心配もありません。

ぜひ、お気軽にご登録ください。

友だち追加

Twitter (フォロー大歓迎です!)

お問い合わせ