最期を意識する

◆最後を意識する

こんにちは!酒井です。

つい自分が元気で健康だと

明日が来ることが当たり前になっていたり

深く考えずに1日を過ごしてしまったりします。

最期は必ずやってくる

しかし、死は必ずやってくる隣人であり

いつやってくるか分からない隣人。

健康だから、若いから

大丈夫!なんてもこともないですよね。

私も健康なのをいいことに

忘れてしまうこともあるのですが

別に暗い意味でとか

何か哀しいことがあったとか

そういうことではないのですが

「最期」というものを

意識するようになりました。

いつが最期か分からない

しかし、いつが最期になるかは

分からないもの。

そういうことを考えると

自分と関わるあらゆるものに対して

寛容になれます。

もちろん、自分の大事にしている人や物、心情が

阻害されている場合は別ですが…。

さらにいえば、最期を意識すると

自分は何をしたいか?

何をしようか?

どう生きたいか?など

そういったことにも意識が向きます。

ネガティブな意味で

最期をとらえるのではなく

ポジティブな意味でとらえると

また見えてくるものが違ってきます。

ではまた!

————————————————————

幼児教育の現場で頑張る毎日・・・。

仕事や職場環境にモヤモヤすることもあると思います。

そんな時に気軽に相談してもらいたくて

相談窓口としてLine@を作成しました!

1:1でトークもできますし、

誰に見られる心配もありません。

ぜひ、お気軽にご登録ください。

友だち追加

Twitter (フォロー大歓迎です!)

お問い合わせ