「善意」は取扱い注意!

◆「善意」は取扱い注意!

こんにちは!酒井です。

個人的な考えでしかありませんが

「悪意」よりも

「善意」の方が取扱いは

慎重になった方が良いと思っています。

相手の立場になって考えていますか?

善意はとても良いもののように

見えますが

自分にとっての善意が

相手にとっても「本当に有難いことなのか?」は

しっかりと考える必要があります。

ありがた迷惑だったり

むしろ相手の気持ちを踏みにじるようなことに

なっている可能性もあるわけで

自分よがりになっていては

「悪意」よりもタチが悪いものに

なります。

本人にとっては良かれと

思って行動しているので

他者からの忠告も耳に入らないでしょうし

もしも当人から「それは迷惑です」

と伝えらるようなことがあれば

「何でこっちは良かれと思ってやっているのに

分かってくれないわけ?この恩知らず!」と

なる可能性もあります。

つまり、何事も相手がいる場合は

相手目線になって考える必要があるのです。

いつでも立ち止まり

これって相手目線になってる?

むしろ自分目線かも??と思ったら

修正すべきです。

怒りを感じる時点で「善意」ではない

これも個人的な考えに過ぎませんが

「善意」というものは

そもそも見返りを求めない

奉仕の精神からくるものではないか?と

思っています。

にも関わらず、

「よかれと思ってしてあげたのに!」と

怒る方がたまにいらっしゃいます。

そもそも怒りを感じる時点で

「真の善意ではない」と

私は考えています。

怒りを感じるということは

相手の反応が自分の思った反応と違うからであり、

意識、無意識に関わらず

何かしの見返りを求めていたわけですから。

以上のように私の考えを

書いてきたわけですが、

私も日々、気を付けて

過ごしていきたいと

思っています。

ではまた!

————————————————————

幼児教育の現場で頑張る毎日・・・。

仕事や職場環境にモヤモヤすることもあると思います。

そんな時に気軽に相談してもらいたくて

相談窓口としてLine@を作成しました!

1:1でトークもできますし、

誰に見られる心配もありません。

ぜひ、お気軽にご登録ください。

友だち追加

Twitter (フォロー大歓迎です!)

お問い合わせ