依存をうまない

◆依存をうまない

こんにちは!酒井です。

私はなんでもかんでも

やってあげることが

良いことだとは思っていません。

むしろ、それは

相手の学ぶ機会を

奪っている可能性があると

考えています。

先生として

子どもに関わることだけに

言えることではありませんが、

つい親切心から

子どものすることに

なんでも手を出してしまうことがあります。

もちろん、スパルタのように

心を鬼にして

何でも自分で取り組ませてみては?

と言っているわけではありません。

でも、なんでも手を出しているのも

一度立ち止まる必要があると

私は思うのです。

そこは、子ども達に

何を体験してほしいのか?

ここは本当に手を出す時なのか?

学ぶ機会を奪ってはいないか?

そういったことを

一度考え、一呼吸おいてから

関わってほしいと思うのです。

やってあげるのではなく

手伝ってみる

一緒にどうしたら良いか考えてみる

こういった方法に

チェンジすることも可能です。

あまりにも手を出しすぎてしまうと

依存を生み出す危険もありますし

子ども達は

依存させるのではなく

これから社会に出ていくわけですから

自律を促していかなければいけません。

そういった

先のことも見極めながら

関わっていきたいと思うのです。

ではまた!

————————————————————

幼児教育の現場で頑張る毎日・・・。

仕事や職場環境にモヤモヤすることもあると思います。

そんな時に気軽に相談してもらいたくて

相談窓口としてLine@を作成しました!

1:1でトークもできますし、

誰に見られる心配もありません。

ぜひ、お気軽にご登録ください。

友だち追加

Twitter (フォロー大歓迎です!)

お問い合わせ