徹底的に記録を取る

◆徹底的に記録を取る

こんにちは!酒井です。

時間管理って難しいですよね。

○○の仕事を3時までに

終わらせよう!と思っても

実際はなんやかんやで

5時近くまで掛かってしまったり…。

ということがあるかと思います。

私自身もまだまだなのですが、

いろいろ試してみて

これはいいなぁと思ったものがあります。

それが徹底して記録を取るというもの。

人は作業にかかる時間を短く

見積もってしまう性質があります。

なので、憶測を誤りやすいわけです。

そこで効果的なのが

時間の記録を1度細かく取ってみるのです。

メールチェックには

だいたい15分かかるなとか。

そうやって記録を1週間ぐらい取っていくと

おおよその掛かる時間が見えてきます。

取るのは大変だと思うのですが

頑張ってとってみると自分の時間の見積もりが

読めてくるようになるので

時間設定もやりやすくなります。

またもう一つの方法としては

自分ではなくAさんだったら

この作業はどれくらい掛かるかな?と

考えてみるのもアリです。

第三者的に見ることで

冷静な判断ができます。

他にも時間設定の際に大事なこととしては

ギリギリやぎちぎちに

詰め込むのではなく

余裕をとっておくこと。

同じ作業をずっと行うのではなく

15分や25分サイクルで

いくつかの作業を回していくなども

効果的です。

個人的な考えですが

ダラダラと会議が続いてしまうのも

掛かる時間の見積もりを誤っていたり

終わり時間を決めていないということも

要因としてあるかと思っています。

他にも事前の準備が未熟というのも

あるかとは思いますが…。

時間というのは

どうしても目に見えず

流れていってしまうものなので

意識していかないと

いけないもののようです。

ではまた!

————————————————————

幼児教育の現場で頑張る毎日・・・。

仕事や職場環境にモヤモヤすることもあると思います。

そんな時に気軽に相談してもらいたくて

相談窓口としてLine@を作成しました!

1:1でトークもできますし、

誰に見られる心配もありません。

ぜひ、お気軽にご登録ください。

友だち追加

Twitter (フォロー大歓迎です!)

お問い合わせ