おススメ活動(他己紹介)

こんにちは!酒井です。

今日はおススメなプチ活動について

書いていきます。

そもそも他己紹介って何?

もしかしたら、他己紹介という言葉を

あまり聞かないかもしれませんね。

そのままですが、

自己紹介の反対版と言いましょうか、

他者を聴衆に紹介するというものです。

やり方は簡単で、

2人ペアなどを作り

まずは自己紹介し合います。

その時、一方的に

自分で話してもらうやり方も

ありますし、

インタビュー形式を

とることもできます。

そして、相手の話を

自分なりにまとめて

別の人達に紹介するというものです。

これは大人でも

取り入れられます。

とくに大人ですし、

はじめまして!というお互いを

しらない場面でも

使えると思います。

子ども達に取り入れるなら・・・

他者紹介は簡単なようで

ある程度のスキルが必要となります。

ですから、取り入れる年齢に合わせて

アレンジが必要となります。

例えば、年長児なら

新学期のクラス替えすぐでも

取り入れられるでしょうし、

インタビュー形式でも

できるように思います。

年中児であれば、

新学期早々よりも

ある程度クラスのお友だちが

分かってきてから行った方が

盛り上がるかもしれませんね。

年少児などは

先生が紹介するとか

お名前だけ紹介するとか

工夫が必要となるでしょう。

学期にもよりますよね。

と、ただ取り入れれば良い!

ではなく、

クラスのメンバーや雰囲気、

年齢なども考えながら

行うとよりよくなります。

大人でもそうだと思いますが、

自分のことを他者が紹介してくれると

ちょっと照れくさくて

でも嬉しい気持ちになりませんか?

子ども達もそうなんです。

でれでれ~と

それはそれは嬉しそうに

テレながらお友だちが紹介してくれるのを

聞いています笑

とくに男の子達の嬉しそうな

デレデレ具合は見ていて

本当に微笑ましいです。

行うメリットは?

何か効果があるからやる

というわけではありませんが、

でも取り組んでみて

感じることはあります。

お友だちのことを

知ろう!という興味が増したり、

その活動がきっかけで

友情の芽が芽吹いたり・・・。

また、紹介された内容を

よく覚えている子も多いです。

記憶に残りやすいのでしょうか?

後は、他者のことにも

気を向けるようになるのか

優しい関わりが多く見られたようにも

感じます。

(あくまで個人の体感ですが。)

効果の程は確かではないにしても

子ども達が嬉しいそうな表情を見るのは

こちらも嬉しいものですよ。

ではまた!

————————————————————

幼児教育の現場で頑張る毎日・・・。

仕事や職場環境にモヤモヤすることもあると思います。

そんな時に気軽に相談してもらいたくて

相談窓口としてLine@を作成しました!

1:1でトークもできますし、

誰に見られる心配もありません。

ぜひ、お気軽にご登録ください。

友だち追加

Twitter (フォロー大歓迎です!)

お問い合わせ