就業規則を把握していますか?

こんにちは!酒井です。

今日は知人の労務のプロからの

受け売りではありますが、

でも大事なことなので、

書いていきます。

就業規則の存在を知っていますか?

そもそも就業規則の存在を

知っていますか?

本来は雇われた段階で

就業規則の設置場所や存在を

伝えるのが親切というものですが、

どうやら、その存在自体も

伝えていない園があるようです。

法定上では、就業規則は

”いつでも見えるところに備え付ける”ことが

前提となっています。

なのでどこかに紙やデータで

保管されている可能性が高いですし、

鍵のかかる場所で保管していたり

パスワードを設定している場合、

周知義務違反となります。

労働基準法第89条

従業員数が10人以上の会社は就業規則を作成し、

労働基準監督署に届け出ること。

労働基準法第106条

会社は就業規則を従業員に周知すること。

なので、従業員が就業規則を見たい!と申し出た際、

拒否すると労働基準法違反となります。

就業規則とは?

就業規則には、

賃金のことも

休憩のことも

休日も退職のことも

もらえる手当てのことも

あらゆる情報が載っています。

知っておくことで

自分を守る盾となるのです。

また就業規則は

事業者が勝手に

書き換えができないように

労働者の代表者と事業者の間で

合意され、

労働基準監督署に提出され

認められてはじめて訂正ができるのです。

園の代表者って??

そもそも園の代表者って誰ですか?

そんな人がいること自体しりません。

という話も聞いたことがあります。

ですが、本来は従業員の投票で

選ばれた人が行うことになっています。

従業員の代表ですから。

その代表の考え次第では

従業員にとって不利益なことも

合意されかねませんし。

投票自体しておらず、

実は主任などがやっている…。

ということもあるようですね。

そして

代表者と事業者間でのみ合意され

従業員は知らずに就業規則を

変えられていた!なんてことも

起り得ますから、

本当に気を付けてほしいと

個人的には思っています。

そのためにも就業規則の

チェックは大事なのです。

就業規則がどうしても見られない場合は?

就業規則がどうしても見られない!

手書きで書き直されているが

真偽の程が分からない!

そういった時はどうしたらよいのでしょうか?

泣き寝入りするしかないのでしょうか?

いえいえ、そういった場合は

労働基準監督署に行ってください。

最終の手段とはなりますが、

就業規則は所轄の労働基準監督署に

届け出ることになっているので

控えがあるはずです。

その控えが有効な

就業規則となります。

ただ、閲覧するためには

身分証や園に在籍してる証明が

必要になるようです。

ですが、大事なことでもありますから

ぜひ1度ご覧いただきたいと

思っています。

ではまた!

————————————————————

幼児教育の現場で頑張る毎日・・・。

仕事や職場環境にモヤモヤすることもあると思います。

そんな時に気軽に相談してもらいたくて

相談窓口としてLine@を作成しました!

1:1でトークもできますし、

誰に見られる心配もありません。

ぜひ、お気軽にご登録ください。

友だち追加

Twitter (フォロー大歓迎です!)

お問い合わせ