ポジティブに目を向けてみる

◆ポジティブに目を向けてみる

こんにちは!酒井です。

日々、発信をするようになって

数年が経ちました。

発信をはじめた時は

自分と違う意見や考えをもらった時に

うまく気持ちをコントロールできず、

傷ついたり

発信することが恐くなった時もありました。

でも今は、違う考えは違う考えとして

受け入れ、前に進めるようになりました。

いろいろな考えや価値観があっていい。

でも自分の想いは自分だけのもので

他者から何か言われることがあっても

それも大事にしたらいいんだ!

そう思えるようになってきた

というのもあります。

これは発信についての話ですが、

他のことにも

当てはまると思っています。

例えば、職場の人間関係でも

同じことがいえると思うのです。

ネガティブフィードバック

職場にもいろいろな考えや価値観の方が

います。

先輩や上司からの

指導が入った時も

自分とは違う考えや価値観のために

ネガティブなフィードバックを

受けることもあるかと思います。

やはりそういう経験は哀しいですし、

落ち込みます。

「自分は先生に向いていないんだ…。」

と思うこともあるかもしれません。

でも1度立ち止まって

考えて欲しいのです。

周りの人全てが

ネガティブなフィードバックを

持っているわけはありません。

自分を応援してくれたり

共感してくれたり

支えてくれる人もいるはずです。

それは職場にいるかは

わかりません。

家族や友人かもしれません。

でももっと身近にいるのが

”子ども達”です。

子ども達のポジティブな思いを受け取る

子ども達のフィードバックを

思い出してください。

先生だいすき~♡

って言ってくれませんか?

言わなくても、あそぼう!って

誘ってくれたり

お話しをしにきてくれたり

頼ってくれたり

もしかしたら、絵やお手紙を

もらうこともあるかもしれません。

それは全て

子ども達からの

ポジティブなフィードバックです。

子ども達から向けられる

笑顔だってそうです。

存在を認め、励まし、応援してくれる存在が

こんなにも身近にいるのです。

ネガティブな思いは

存在感が大きくて、

破壊力も大きいので

どうしても飲み込まれ

取り込まれがちです。

そのためポジティブな思いを

見逃してしまうのです。

ネガティブな思いに潰されそうな時は

どうぞ、虫メガネで拡大するように

ポジティブな思いにも注目して下さい。

ではまた!

———————————————

幼児教育の現場で頑張る毎日・・・。

仕事や職場環境にモヤモヤすることもあると思います。

そんな時に気軽に相談してもらいたくて

相談窓口としてLine@を作成しました!

1:1でトークもできますし、

誰に見られる心配もありません。

ぜひ、お気軽にご登録ください。

友だち追加