幼児教育界のCHOになります!

こんにちは!酒井です。

先日すくすく保育推進会の勉強会に

参加してきました!

主催者の方は日置聖太さん

(Twitter▸https://twitter.com/IamHiocky

*今後も定期的にセミナーを開催して下さいますので

要チェックです!

パーパス(存在意義)マネジメントという内容で

CHOの丹羽真理さんから学ばせていただきました。

そもそもCHOとは?

「CHO」とは、チーフ・ハピネス・オフィサー(Chief Happiness Officer)の略。

企業において、従業員の“幸福”をマネジメントする専門の役職を言います。

従業員の幸福度に注目し、

その向上・改善を図ることで自社の成長に資するのが「CHO」の使命。

日本の人事部より(出典)▼

https://jinjibu.jp/keyword/detl/865/

簡単に言えば

会社の幸せ普及係りという

イメージですね。

欧米ではかなりこのCHOという

役職は有名になりつつあり、

導入もすすんでいます。

日本はまだまだなようで

丹羽さんは日本での普及に

力をいれていらっしゃいます。

幸せでいることの効果

確かに幸せであることは

大事だし、

幸せになりたいけど…。

でもそれって

仕事場にも必要ですか?と

思うかもしれません。

でも幸せの効果を

舐めてはいけません。

しっかりとしたデータで

裏づけも取れています。

ポジティブ心理学によると

社員が幸せだと組織パフォーマンスが

上がると言われており、

幸福度が高い社員は低い社員よりも

生産性31%、売り上げ37%、創造性3倍

高いそうです!

驚きの数値だと思います。

つまりは社員の幸福度を上げることは

ビジネス上でも大事ですし、

あれこれと働き方改革をするよりも

幸福度アップを図った方が

はるかに効果がでるわけです。

そして、このことは

幼児教育界でも同じことが

いえるのではないでしょうか?

CHOは何をしてくれるの?

CHOは主に4つのことに着手して

幸福度アップを図っていきます。

①存在意義(パーパス)

自分は何のために存在しているのか?

この組織は何のために存在しているのか?

この2つが大きく重なると良い。

CHOは個人のパーパスを見つけるお手伝いをしたり

組織のパーパスが不明瞭な場合は

はっきりとさせたりします。

②自分らしさ(オーセンティシティ)

自分の強みを活かして自分らしく仕事が行える。

仕事の進め方にある程度の自由度がある。

自分の強みを活かし、自分で仕事の采配を

握れると個人では6倍、チームでは12.5%も

生産性がプラスになります。

ある調査によると

人は所得や学歴よりも

自己決定ができることが幸福感に

強い影響を与えるようです。

③関係性(リレーションシップ)

名前を知っているなどのレベルではなく

しっかりとした相互理解やポジティブフィードバックが

得られているか?

一緒に働く人々とよい人間関係を築き、

協力して働けること。

ポジティブフィードバックをもらえる人は

生産性が7.8%プラスし、離職率は14.9%下がるとか!

離職率の多い、この業界では

すぐにでも取り入れて欲しいですね!!

④心身の健康(ウェルネス)

これら4つの向上を図るのが

CHOの役目!

まさに私がやりたかったことを

CHOという役職が凝縮して

示してくれたようで

話が進むごとに

これこれ!

私がなりかったもの!

やりたかったこと!と

1人で喜んでいました笑

まさに天職に出会った気分です。

ということで

これから私はCHOとなって

活動していくことに決めましたので

幼児教育界に

パーパスマネジメントを

広げていきます!

ではまた!

————————————————————

幼児教育の現場で頑張る毎日・・・。

仕事や職場環境にモヤモヤすることもあると思います。

そんな時に気軽に相談してもらいたくて

相談窓口としてLine@を作成しました!

1:1でトークもできますし、

誰に見られる心配もありません。

ぜひ、お気軽にご登録ください。

友だち追加

Twitter (フォロー大歓迎です!)

お問い合わせ