日本人は不安症

こんにちは!酒井です。

私は自分でも認めているぐらい

石橋を叩いて渡る慎重なタイプです。

むしろ、慎重すぎて

石橋を叩き過ぎて挙句に破壊している

といった方が近いかもしれません笑

ある研究によると

程度の差はあるでしょうが

日本人は

この不安症の遺伝子が

強い種族なんだそうです。

簡単に説明すると

遺伝子の中には

不安遺伝子と楽観遺伝子があり

その割合で傾向が変わるようです。

アメリカ人のほとんどは

楽観遺伝子が多い人が多いようですが

日本人は不安遺伝子を

多く持つ人の方が多いようです。

さらに言えば

不安遺伝子が多いか

楽観遺伝子が多いかで

行動する上での

やり方も変わってくるそうです。

不安遺伝子が強い人は

不安を気にしないようにしよう!とか

とりあえず行動しよう!とか

そういったやり方は

あまりよくないようで

逆にストレスが高まるようです。

不安が強い場合は

逆に思いっきり最悪の状態を想像して

その対策を練った状態で

行動した方が

安心して行動できます。

もちろん、締め切りなどもありますから

最悪の状態を

無限に出し続けるのは

あまりおススメできませんが

それでも

いくつか対策を出しておくだけでも

安心感が違いますよね!

このように自分の特性を

踏まえた上で

対策を練るのもおススメです。

ではまた!

————————————————————

幼児教育の現場で頑張る毎日・・・。

仕事や職場環境にモヤモヤすることもあると思います。

そんな時に気軽に相談してもらいたくて

相談窓口としてLine@を作成しました!

1:1でトークもできますし、

誰に見られる心配もありません。

ぜひ、お気軽にご登録ください。

友だち追加

Twitter (フォロー大歓迎です!)

お問い合わせ