パーキンソンの法則

こんにちは!酒井です。

突然ですが

”パーキンソンの法則”をご存知ですか?

パーキンソン病とは違いますよ笑

パーキンソンの法則は

いろいろとあるのですが

今日はその中で

幼児教育業界にも

当てはまることを書いていきます。

パーキンソンの法則

・仕事の量は与えられた時間を

 満たすように常に拡大する。

・支出は収入に追いつくまで

 拡大する。

このようなことが言われています。

つまりは

拡大していく一方で

縮小させていくのは難しく、

工夫が必要なのです。

なんたって

法則ですからね、

人である限り抗うのは難しいのです。

幼児教育業界は

善意とはいえ

あれも良い!これも良い!と

サービス精神で

いろいろと取り入れ

結果として

業務が肥大化し

先生達を苦しめているように

私には見えます。

そして、これを

パーキンソンの法則に

当てはめるならば

拡大することはあっても

縮小させることは意識して

取り組まないと

難しいわけです。

頭で分かっていて

減らさないとな~

と思うぐらいでは

改善はしないということです。

腰を据えて

しっかりと向き合い

断舎利をしないといけないのです。

このままでは

法則どおり

拡大する一方でしょう。

(そんなことがあるかは

私には分かりませんが)

それこそ

この業界は破綻するまで。

そうなってからでは遅いですからね。

できることから

コツコツと

改善していきましょう!

ではまた!

————————————————————

幼児教育の現場で頑張る毎日・・・。

仕事や職場環境にモヤモヤすることもあると思います。

そんな時に気軽に相談してもらいたくて

相談窓口としてLine@を作成しました!

1:1でトークもできますし、

誰に見られる心配もありません。

ぜひ、お気軽にご登録ください。

友だち追加

Twitter (フォロー大歓迎です!)

お問い合わせ