子育てと先生業は違う

こんにちは!酒井です。

私が関わってきた

先輩先生達の多くが

「できるならば、子育ては

経験しておいた方が良い」と仰います。

保護者の立場も

経験することで

分かることもまたあるからです。

しかし先輩達は

口を揃えてこうも言います。

「子育てと先生の仕事は違う」と。

同じ子どもと関わるということであっても

子育てと先生業は違う

と経験者は語るのです。

たとえたくさんの我が子を

育てたとしても

先生として

多くの子ども達と関わる場合

同じようにはいかないし

同じではいけないのです。

ですから

どうぞ、自分の仕事に

自信と誇りを持ってください。

若かろうと

先生として歴が浅かろうと

先生と言う仕事は

誰でもできるものではありません。

はたから見れば

子育て経験があれば

小さな兄弟などを

面倒をみた経験があれば

自分の子ども時代を思い出せば

できる仕事に

見えるのかもしれません。

でも実際は違います。

見よう見真似で

なんちゃって教育は

誰でもできるのかもしれませんが・・・。

まずは自分自身が

自分の仕事に誇りを持って下さい。

周りがなんと言おうが

言わせておけばいいのです。

ではまた!

————————————————————

幼児教育の現場で頑張る毎日・・・。

仕事や職場環境にモヤモヤすることもあると思います。

そんな時に気軽に相談してもらいたくて

相談窓口としてLine@を作成しました!

1:1でトークもできますし、

誰に見られる心配もありません。

ぜひ、お気軽にご登録ください。

友だち追加

Twitter (フォロー大歓迎です!)

お問い合わせ