マルチタスクは今すぐやめよう!

こんにちは!酒井です。

先生という仕事は

マルチタスクが多いですね。

むしろ、あれもこれもと同時に仕事ができないと

使えないヤツ

とレッテルを貼られる世界かもしれません。

ただ、脳科学的な面でみると

マルチタスクは悪影響しかない。

むしろ、複数のことを

同時に行うと心理的に焦りが生じてしまい

焦る必要がないにも関わらず

なぜかセカセかと余裕のない状態になってしまうのです。

人は一つのことに

集中して取りかかれるのはわずか15分。

そして、いろいろなことを

しながら作業をした場合は

かかる時間やミスが起きる確率が

50%も増えるんだとか。

もちろん、先生業は

机に座ってこなす仕事とは違います。

でも、あまりにも

同時にあれもこれもと行動していまうと

集中力は切れ

子どもの安全面など

配慮に欠けてしまう可能性が高くなります。

よく事故というものはふと目を離した時に・・・。

など、ほんのちょっとの

油断や気の緩み

配慮が欠けた時に起っています。

忙しい!

やることがたくさんある!

こういった心の焦りも

実はあれもこれもと

マルチタスクをしているために

脳が勘違いをして

焦らせているのかもしれません。

一つ一つ

落ち着いて取り組んでみてください。

ではまた!

————————————————————

幼児教育の現場で頑張る毎日・・・。

仕事や職場環境にモヤモヤすることもあると思います。

そんな時に気軽に相談してもらいたくて

相談窓口としてLine@を作成しました!

1:1でトークもできますし、

誰に見られる心配もありません。

ぜひ、お気軽にご登録ください。

友だち追加

Twitter (フォロー大歓迎です!)

お問い合わせ