先生だっていつも子どもが好きじゃなくて良い

こんにちは!酒井です。

先生という仕事をしていると

”子ども好き”と思われるのは

当たり前と言えば

当たり前のことだと思います。

好きじゃないと

長くは続けられません。

でも、先生=子ども好き

という方程式に

しばられ過ぎる必要もありません。

先生だって人間です。

いつもいつも

子どものこと大好き~♡

と思えないことだってあって

当然良いのです。

誰も声に出して言わないだけで

先生だって誰でも

子どもにイラっとする時や

もう鬱陶しい!と思う時や

うるさーい!と思う時があるはずです。

そして、それは

いけないこと

悪いことではありません。

罪悪感を感じる必要はありません。

だって、実の子どもを育てる

親御さんだって

そう感じることがあるんですから。

聖人君子なんて難しい話です。

年齢が高くなれば

反抗だってしてきますし

どこで覚えてきたのか

こちらをムカッとさせる

言葉を発する子どもだっています笑

こちらが見ていて

ハラワタが煮えくり返るような

意地悪をお友だちにする子だっています。

そんな場面に出くわしても

子ども大好きー♡

ちっとも腹立たないー。

という人はマレでしょう。

個人的に言えば

そういった場面に出くわしても

感情が揺れない方が

人としてどうなんだろう?と

感じてしまいます。

先生といっても

子どもたちに

人対人の関わり方を伝える人。

感情が揺れ動いてOKです。

ではまた!

————————————————————

幼児教育の現場で頑張る毎日・・・。

仕事や職場環境にモヤモヤすることもあると思います。

そんな時に気軽に相談してもらいたくて

相談窓口としてLine@を作成しました!

1:1でトークもできますし、

誰に見られる心配もありません。

ぜひ、お気軽にご登録ください。

友だち追加

Twitter (フォロー大歓迎です!)

お問い合わせ