何かあるから先生になった

こんにちは!酒井です。

なぜ、先生になる仕事に

就いたのでしょうか?

せっかく資格を取ったから?

他に仕事がなかったから?

仕方なく?

親に言われたから?

それぞれ理由は

あるかと思います。

でも、どんな理由があるにせよ、

先生という仕事を選んだということは

きっと何かしらの

想いがあったと思うのです。

だって、大変だったでしょう?

実習に行くことも

実習日誌を書くことも

学校で単位を取ることも

あまり真面目に

やっていなかったから・・・。

そう謙遜するかもしれません。

でも、頑張らないと

これらのことは

乗り越えられません。

それに、仕方なく

乗り越えたとしても

先生という仕事を選ばないことも

できたはずです。

現に私の周りでも

そういう人はたくさんいました。

(実習に行って

先生になることをやめた人もいます)

つまりは、自分では

気がついていないかもしれませんが

先生という仕事を選んだのは

紛れもなく自分自身。

そして、何か自分なりの

理由がそこにはあるはずです。

それをぜひ、じっくりと

見つけてほしいなと思うのです。

そうすると

自分が目指す先生像や

こうしたい!などの想いが

見えてくるはずです。

ではまた!

————————————————————

幼児教育の現場で頑張る毎日・・・。

仕事や職場環境にモヤモヤすることもあると思います。

そんな時に気軽に相談してもらいたくて

相談窓口としてLine@を作成しました!

1:1でトークもできますし、

誰に見られる心配もありません。

ぜひ、お気軽にご登録ください。

友だち追加

Twitter (フォロー大歓迎です!)

お問い合わせ