ビジネスプランコンテストにチャレンジしました!

さて、本題に戻しまして

いつも頑張っている新米先生を

サポートするためには

口先だけではなく

自分も頑張る姿勢を見せなくては!

ということで、

ビジネスプランコンテストのファイナル選考会に

挑戦しました!

——————————————

*ちなみにビジネスプランコンテストとは

ビジコンと呼ばれ

自分で考えたビジネスのアイディアを

審査員やオーディエンスの前で

持ち時間の中で発表します。

その案が良ければ次に進めたり

実現できるような資金がもらえたりします。

———————————————

で、昨日はドキドキのファイナル選考会・・・。

結果は

・・・

・・・

・・・

・・・

・・・

見事ファイナル進出がきまりました泣

愛ある講評に泣きそうになりました。

他の9つのプラン全てが

素晴らしく熱い想いもこもっていて

正直、私の中で次に進むことは

マストではなくなっていました。

誰が進んでもおかしくないし

みんな頑張っているのは

一番自分が見てきていましたから。

次に進むよりも

自分の気持ちや想いを

聞く人たちに

ただ押し付けるのではなく

知ってもらう。

それができればもう十分でした。

私がこの本番に臨む際に

決めたことは3つ。

①聞いてくれるオーディエンスへの感謝

②茶道の素晴らしさを知ってもらう、興味をもってもらう。

③ひとり親家庭、

児童養護施設の子ども達のことを知ってもらう。

それが達成できれば十分でした。

別に茶道も興味を持ってもらえれば、

私のところでなくても良いのです。

ひとり親家庭や

児童養護施設の子ども達のことを知ってもらえれば

どこかに寄付してくださる方もいるかもしれません。

そういった環境に育った子に

温かい手を差し伸べて

くれるかもしれません。

もうそれだけで十分だったのです。

なので、

良かったよー、

想いが伝わってきたよー

感動したよーと

言われて逆にびっくりしてしまいました。

ちなみに、私のプランは

”ワン抹茶リティー”という

チャリティー事業です。

チャリティー団体を作り、

企業や個人に茶道体験を有償で提供して

そこで得た収益の8割を使って

ひとり親家庭、児童養護施設の子ども達に

無料で茶道体験をプレゼントするものです。

名前の由来は

ワン・・・

1碗とOne1人のをかけて

抹茶リティー・・・

抹茶とチャリティーを組み合わせた造語

心のこもった1碗を

大切なたった一人のあなたに・・・

という想いを込めて

実は作ってます。

ジョークみたいで

おもしろいねと言われてしまいますが笑

とにもかくにも

次に進むことが決まったわけですから

また、精一杯がんばります。

現実化が見えてきたら
またここでも紹介しますね♪
ぜひ、賛同いただけたら嬉しいですね。

ではまた!

————————————————————

幼児教育の現場で頑張る毎日・・・。

仕事や職場環境にモヤモヤすることもあると思います。

そんな時に気軽に相談してもらいたくて

相談窓口としてLine@を作成しました!

1:1でトークもできますし、

誰に見られる心配もありません。

ぜひ、お気軽にご登録ください。

友だち追加

Twitter (フォロー大歓迎です!)

お問い合わせ