失敗を嫌がる子の対応

こんにちは!酒井です。

最近、失敗を嫌がる子どもが

増えてきたように感じています。

原因としては、

失敗を悪いものと考える

社会にあると感じています。

日本人の気質として

真面目で誠実で

人に迷惑をかけないことを

美徳としている節があります。

そして、

失敗=人に迷惑をかけるもの

よくないこと、と捉えがちです。

そんな大人の考え方が

子ども達の世界にも

広がっているようです。

製作の時間や

自由になんでもOKの時間に

固まって動けない子が

多々います。

また、何かにチャレンジする時に

失敗を恐れる気持ちから

チャレンジをしない子も

増えてきました。

そういった子は

家庭環境や所属する場で

失敗を許されなかったり

なんとなく親が発する空気から

失敗をよくないと

学習しているケースが多いです。

そこを先生として

すぐに取り除くことは

難しいとは思います。

ですが、すぐに

できることはたくさんあります。

失敗を恐れていると

感じる子がいたら

あえて、その子の前で

率先してたくさん失敗をしてください笑

失敗=悪いものでない

ということを

たくさん示すのです。

もしくは、「一緒にやろう!」

誘ってみてください。

そうすれば

少しずつ子ども達も

気がついていきます。

もちろん、できるならば

保護者の方にもさりげなく

フォローができると良いですね。

園での状態を伝え、

家庭でも協力して欲しいと

伝えてみましょう!

子どもというのは

失敗から学ぶ生き物です。

失敗をあまりしないで

大人になると

心の弱い打たれ弱い人に

なってしまいます。

その辺りも交えて説明すれば

きっと分かってくれます。

ではまた!

————————————————————

幼児教育の現場で頑張る毎日・・・。

仕事や職場環境にモヤモヤすることもあると思います。

そんな時に気軽に相談してもらいたくて

相談窓口としてLine@を作成しました!

1:1でトークもできますし、

誰に見られる心配もありません。

ぜひ、お気軽にご登録ください。

友だち追加

Twitter (フォロー大歓迎です!)

お問い合わせ