幼児教育にも参考になる本

こんにちは!酒井です。

今日は幼児教育にも

役立つ本を

紹介します。

”使え方が9割”

By佐々木圭一

個人的には②から読むのが

おススメです。

余力があれば

①を読めばよいかと。

作者の方は

その業界では有名な方で

賞もたくさん受賞されている

すごい方のようですね。

ただ、私たち

先生業をしている者に

とっては

ビジネスというか

一般企業とは

無縁なような

気がしていませんか?

一般企業とは

ちょっとどころか

結構違う!

だから、

世の中的に流行っても

「ビジネスマンの本ね」

読まないことが多い。

でもこれは読まないと

もったいない。

なんといっても

私たち先生も

伝える仕事を

していますからね。

それに書く仕事だって

わんさか笑!!

このスキルを付けられれば

子どもたちにも

保護者の方にも

伝わるコミュニケーションが

できるようになるわけです。

やはり

コミュニケーションは

上手にできて損はありませんからね。

しかもこの本の良いところは

素人でも

実践しやすいということ。

少し、意識さえすれば

明日から使えるという

即席力が強い本です。

とくに私が薦めている②は

実際子どもに使ってみた例も

乗っているので

①よりもより理解しやすいです。

また、字もぎっしりではなく

読みやすく書かれているので

(さすが、コピーライター)

読者が苦手な方でも

読めると思います。

ではまた!

————————————————————

幼児教育の現場で頑張る毎日・・・。

仕事や職場環境にモヤモヤすることもあると思います。

そんな時に気軽に相談してもらいたくて

相談窓口としてLine@を作成しました!

1:1でトークもできますし、

誰に見られる心配もありません。

ぜひ、お気軽にご登録ください。

友だち追加

Twitter (フォロー大歓迎です!)

お問い合わせ