◆自分を助けられるのは自分だけ

 

こんにちは!酒井です。

 

私は新米時代に

先輩先生との関係で

かなり苦しみました。

 

その影響もあって

学生時代は病気と

無縁だったのに

病気がちに・・・。

 

明らかに子どもからうつされた

病気ではないということは

新米でも分かりました。

 

 

 

その当時の私は

誰にもSOSを出せない状態でした。

 

一人で抱え込み、

ムリに笑い

全然大丈夫じゃないのに

「大丈夫です」と答えていました。

 

もしかしたら、

期待していたのかもしれません。

 

どこからともなく、助けが現れることを。

 

私の状態に気がついて

「大丈夫?!」

声をかけてくれる優しい人を。

 

でもね、今なら分かります。

 

そんな人は

残念ながら現れません。

 

自分からちゃんと

SOSを出さないと。

 

声をあげないと。

 

最終的に自分のことを

助けてあげられるのは

自分だけです。

 

冷酷なことからもしれませんが

 

もし仮に

周りにたくさんの友人がいて

励ましてくれたとしても

 

最終的に自分が納得して

自分が行動しないと

自分を助けることはできないんです。

 

だから、昔の私のように

じっと我慢して耐え続けるのではなく

 

SOSを出して

自分を助けてあげてください。

 

これは過去の私からの

あなたへのお願いです。

 

大切なたった一人のあなた。

 

大切にしてあげてください。

 

子ども達にとっては

大好きな大好きな

先生なんですから。

 

あなたが悲しそうに

辛そうにしていたら

子どもたちが哀しみます。

 

子どもは感性が鋭い生き物。

 

あなたの心の中も

少なからず感じていると

思いますよ?

 

ではまた!

 

 

 

———————————————

幼児教育の現場で頑張る毎日・・・。

仕事や職場環境にモヤモヤすることもあると思います。

 

そんな時に気軽に相談してもらいたくて

相談窓口としてLine@を作成しました!

 

1:1でトークもできますし、

誰に見られる心配もありません。

 

ぜひ、お気軽にご登録ください。

友だち追加

 

 

Twitter (フォロー大歓迎です!)

愛され先生プログラム♡公式メルマガ

◆お客様の声←準備中

サービス

お問い合わせ