◆これは使える!2択スキル

 

こんにちは!酒井です。

 

新米先生時代、

子どもと関わる上で

いろいろと”うまくいかないな”

歯がゆく感じることがありました。

 

あなたもそういうことが

あるかと思います。

 

別に子どもに対して

上から目線で指示したいとか

自分の思うように動かしたいとか

 

そういう気持ちではなくても

先生であるならば

場面によっては

自分の手に負える形に

物事を進めたい!と

願う時もあります。

 

そんな時に新米先生であっても

使える方法があります。

 

それは

”2択スキル”です。

 

 

なんですか、それ?

 

という声が聞こえてきそうですが・・・

 

解説すると、

 

子どもに2択で質問するんです。

 

たとえば、

子どもは給食やお弁当を

誤ってこぼしてしまった。

 

子どもはショックを受けて

ぼう然としている。

 

そんな時、

「○○ちゃんは

雑巾で拭くのと

こぼしたおかずを拾うのと

どっちがいい?」と聞く。

 

2択なので子どもは

選択しやすいわけです。

 

そして、大人でもそうですが

2択で聞かれると

”答えないといけない”

心理が働くのです。

 

この2択スキルは

いろいろな場面で使えます。

 

支度が遅い子どもに

「先生は手伝う?

自分で全部やる?」とか。

 

手伝って欲しいという子どもに

「○○と●●のどっちを手伝う?」とか。

 

好き嫌いが多い子に

少しチャレンジして欲しい時に

「にんじんとピーマン

どっちを食べてみる?」とか

 

個人に対してだけでなく、

大勢でも使えます。

 

ただ、大勢で使う場合は

意見が割れる可能性があるので

そこを収拾できるようになるには、

新米先生には

まだ難しいかもしれません。

 

まずは個人から少人数へと

少しずつスキルアップさせて

力を付けていってください。

 

ではまた!

 

 

———————————————

幼児教育の現場で頑張る毎日・・・。

仕事や職場環境にモヤモヤすることもあると思います。

 

そんな時に気軽に相談してもらいたくて

相談窓口としてLine@を作成しました!

 

1:1でトークもできますし、

誰に見られる心配もありません。

 

ぜひ、お気軽にご登録ください。

友だち追加