◆雨の日の過ごし方

 

こんにちは!酒井です。

 

少し先ではありますが、

もう少しすると

”梅雨”の時期がやってきます。

 

この”梅雨”の時期は

先生にとっても憂鬱の時期です。

 

 

 

自分の調子も

なんだか優れない。

 

子どもの調子も優れない。

 

祝日も一切ない。

 

雨の日が多い!

 

と、ゲンナリすることばかり。

 

そして、この時期は

子どももストレスがマックスに

溜まってくる時期。

 

ケガやトラブルが増加します。

 

以前にも書きましたが

子どもは”動”の生き物。

(→参考:クラスが騒がしくて静かにならない!

 

外に出て、身体に溜まった

エネルギーが放出できないことは

 

ものすごくストレスなことです。

 

 

そのため、些細なことで

トラブルに発展したり

 

異様なテンションになったり

周りが見えなくなって

ケガが多発したりします。

 

先生としては

安全に過ごしたいもの。

 

そんな時は

部屋の中で発散できる活動を

積極的に取り入れてみましょう!

 

たとえば、新聞遊び。

 

新聞はいろいろな遊びに

発展させることができます。

 

新聞をビリビリに破る。

新聞を使ってなりきり遊びをする。

新聞でひっぱりっこゲームをする。

新聞を丸めて、ちゃんばらごっこ。

新聞をボールのようにして、新聞雪合戦。

 

考えるだけでも

こんなにたくさん!!

 

部屋のものを隅に寄せたり

広い体操室で行えば

ケガも防げますよね。

 

 

その他にも

大きな画用紙を繋ぎ合わせたもので

フットペイントやハンドペイントもできるし、

 

普段は使わないような

ペンキ用の筆を使うのだって

おもしろい!

 

他にもクラスで宝探しゲームや

ゲーム遊びもいいですよね。

 

こういったダイナミックな遊びや

クラスの皆でわいわい遊ぶものは

エネルギー発散には効果的です。

 

クラスの子ども達の様子をみて

なんだか落ち着かない

何か起りそうな雰囲気がする

という時は

 

あまり椅子に座って静かにさせる

活動はおススメできません。

 

そういう時は思いきって

やめた方が子ども達のためです。

 

まだ、クラスの様子が読めない、

分からない、

ということであれば

 

この時期はあまり”静”の活動は

入れ過ぎず、”動”の活動を

メインにすると良いでしょう!

 

 

ではまた!

 

———————————————

幼児教育の現場で頑張る毎日・・・。

仕事や職場環境にモヤモヤすることもあると思います。

 

そんな時に気軽に相談してもらいたくて

相談窓口としてLine@を作成しました!

 

1:1でトークもできますし、

誰に見られる心配もありません。

 

ぜひ、お気軽にご登録ください。

友だち追加