◆あれ?子どもが頻繁にトイレに行くようになった!

 

こんにちは!酒井です。

 

よく起るトイレ問題について

私の体験談を踏まえながら解説していきます。

 

他のトレイ問題も合わせて参考にしてみてください。

・困った!園のトイレに行ってくれない・・・。

・焦ったトイレトレーニングの結果

 

 

 

 

 

 

今日取り上げるのは

”トイレに頻繁に行くようになったケース”

 

病気でもなく熱もない。

 

でも、明らかに今までよりも

頻繁にトイレに行っている。

 

もちろん冬場は冷えるため

トイレの回数は増える傾向にあります。

 

でもそうではなく、

さっきも行ったのに15分経つかどうかぐらいで行く。

 

活動の切れ目切れ目で行く。

 

そして、こっそりトイレにいって

排尿の音を聞いてみると

そんなに出ていない。

 

行きたくなるレベルの量ではない。

(もちろん、子どもの膀胱は小さいですから

 大人よりは貯められません。)

 

この場合は心理的な要因が考えられます。

 

とくに不安感が強くなっていることが

多いです。

 

子どもは何か心配なことや不安なことがあると

排尿がなくても

トイレに行きたくなってしまう性質があります。

 

よく経験ありませんか?

嫌なことや逃げたいことがあると

急に「おしっこー」と言い出す子。

 

もちろん、本人はウソをついているのではなく

本当に排尿を催しているんです。

 

なので決してウソつき呼ばわり

しないでくださいね。

 

以前、ベテランの先生が

 

「さっきも行ったでしょ!

先生はちゃんと知っているんです。

嫌なことだからってウソをついてトイレに

行こうとしてもダメ。

先生はウソつきは嫌いです。」

言っているシーンに出くわし

 

なんとも言えない

悔しい気分になったことがあります。

(「私はそういうことを言うあなたが嫌いです。」

 と言ってやりたかった。)

 

先生はなんでも知っている

というあの変な自信というかスタンス

個人的には止めてもらいたいですね。

 

みなさんは決して

マネをしないでくださいね。

 

話を戻して

その場合は、少し声をかけて

トイレに行くタイミングをこちらが

意識的に止める方法があります。

 

「ごめんね、これから大事な話だから

それが終わってからにしてね」など。

 

1度トイレに行くチャンスを逃すと

行きたかったことを忘れたりします。

 

もちろん、それでも行く場合もあるので

その時は待ってくれたわけですし

行かせてあげてください。

 

ただ、本当に行きたい時もあるので

見極めが大切です。

子どもの排泄の間隔を把握しておけば

大丈夫です。

 

私は新米時代見極めに失敗して

お漏らしをさせてしまったことがあります(泣)

 

あれは本当に申し訳なかった・・・。

(子どもには謝りました。)

 

後は、夢中になる活動を

取り入れるのもOK。

 

遊びに夢中になって

不安を忘れることも。

 

ただ、これらは方法論であり

そもそもの不安を感じるようになった

きっかけを探ることは大切です。

 

もしかしたら家庭で何かあったのかも

しれませんよね?

 

保護者の方と連絡を取り合って

対処していきましょう。

 

私が見てきたケースだと

 

・下に兄弟が生まれるので

「おにいちゃん・おねえちゃんになる」

という話が知らず知らずにプレッシャーになっていた。

 

・小学校受験を控えており、ストレスになっていた。

 

・小学校受験などで保護者がプレッシャーをかけていた。

最後の追い込みがキツかった。

 

・小学生になる不安があった。

 

・習い事の先生が厳しい人だった。などなど

 

年少に限らず

様々な年齢で発生する可能性があります。

 

他に考えられることとしては

先生もしくは保護者が

子どもにものすごく完璧を求めているとか

失敗してはいけない雰囲気が出ているとか

 

そういった無言のプレッシャーに

子ども達は身体のサインで表示するケースが

たくさんあります。

 

なので、しっかりと子どもの表出している

サインを見逃さないようにしましょうね!

 

子どもは言葉で表現できない分

身体を使って全身で表現してくれます。

 

新米だから私にはできないと思わずに

じっくりと観察すれば

誰にでもできるようになります。

 

そのためにも自分の感性を

しっかりと磨きましょう!

 

ではまた!

 

———————————————

幼児教育の現場で頑張る毎日・・・。

仕事や職場環境にモヤモヤすることもあると思います。

 

そんな時に気軽に相談してもらいたくて

相談窓口としてLine@を作成しました!

 

1:1でトークもできますし、

誰に見られる心配もありません。

 

ぜひ、お気軽にご登録ください。

友だち追加

 

 

Twitter (フォロー大歓迎です!)

愛され先生養成レッスン♡公式メルマガ

◆お客様の声←準備中

サービス

お問い合わせ