◆自分の価値を高める

 

 

こんにちは!酒井です。

 

 

幼児教育という世界は

一般企業のように

利益をあげてとか

営業をしてとか

 

そういったこととは

違った世界ですよね。

 

 

園も会社

 

 

でも実際は分かりにくいだけで

園も会社であり

経営です。

 

補助金頼み!みたいな

ところも多いようですが

 

他の会社と同じく

お金がなければ

園の継続はできません。

 

 

そして、さらにいえば

1人雇えば

 

お給料だけでなく

税金、保険、福利厚生など

様々なコストが掛かり、

 

一人前に育つまでには

時間も労力も掛かっているのです。

 

その辺りは園を経営していないと

見えてこないところでもあるので

 

考えもせず、気に入らない人を

いびって園から追い出してみたり

などあるようですが、

 

実は園にとっては

かなりの損失を

出していることになります。

 

 

そしてこれからは

教育業界にも労働基準監督署が

メスを入れてきたように

 

どんどんと変わることを

求められる可能性が

高いわけです。

 

 

つまりはこのまま

現状維持では

 

もしかしたら、

最悪、職を失うことになるかも

しれないわけです。

 

そうならないためにも

これからは

自分の価値を高めることも

していかないとと思うわけです。

 

 

 

 

 

園に貢献していますか?

 

 

例えば、園が年間で

450万ほどのお金をAさんにかけていたら

(お給料や保険、福利厚生、研修費など)

 

Aさんは園に450万円の貢献をしていれば

トントン。

 

上がって500万円の貢献をしていれば

50万円利益を出した人。

 

下がって300万円であれば

150万円の損失を出した人。

 

このようになるわけです。

 

そして普通に考えれば

掛けたコスト以上の働きをしてくれる人を

欲しいと思うでしょうし、

 

 

辞めてほしくない!と思うので

お給料アップなどさらにコストを

掛けてくれるようになるかもしれません。

 

そうならなくても

転職する際にも有利となるでしょう。

 

 

もちろん、幼児教育は

一般企業のように

園にもたらす利益を

数字で表しにくいです。

 

 

でも客観的にみて

頂いているお給料以上の働きが

できているかどうかは

判断しやすいですし、

 

ある程度自分で自分の価値を

知っておくことは大事なことです。

 

 

残業=仕事ができるではない

 

 

ここで勘違いされやすいのが

”残業”

 

 

残業をしていると

すごく園に貢献していて

仕事ができる人のように

見えるかもしれませんが

 

それは逆です。

 

残業をするということは

残業代が発生します。

 

通常残業代は

基本給よりもプラスに計算されるので

 

園としては

コストがよりかかります。

 

もし残業代が出ない。

もらわないようにしているとしても

 

もらっているお給料から

実際の労働時間を割ると

分かりますが

 

結果的に

時給が下がることになり

 

やはり自分の価値を下げていることに

変わりはないのです。

 

そういったことも

考えながら

ぜひ1度、自分の価値を

高めて欲しいと思っています。

 

 

ではまた!

 

 

———————————————

 

幼児教育の現場で頑張る毎日・・・。

仕事や職場環境にモヤモヤすることもあると思います。

 

そんな時に気軽に相談してもらいたくて

相談窓口としてLine@を作成しました!

 

1:1でトークもできますし、

誰に見られる心配もありません。

 

ぜひ、お気軽にご登録ください。

友だち追加