◆退職は自分で決められる

 

こんにちは!酒井です。

 

今日は私の退職についての

考えを書きていきます。

 

 

賛否両論あると思いますが

何かの参考になれば嬉しいです。

 

 

 

 

退職は自分で決めればいい

 

 

退職のことを書いている私ですが

私も退職を切り出すのが

ニガテな人間でした。

 

 

真面目すぎるのか

いろいろと考えてしまっていました。

 

 

まだ3年も経っていないのに…とか

 

ちょっとぐらい嫌だからって

辞めるのって逃げている?とか

 

人手不足だし

子ども達やその他の先生達に

迷惑がかかるかな?とか

 

 

でも、今から振り返れば

退職に正解なんてありませんし、

 

それこそ自分で決めれば

いいと思うのです。

 

 

退職を決めるのは

親でも上司でも先輩でも

ましてや酒井でもなく

 

自分自身なのです。

 

 

 

 

辞めない選択をしている?

 

 

そんなことを言われても

辞められないんです!

 

という過去の私からの

声も聞こえてきそうですが、

 

 

厳しいことを書くと

それは全て

思いこみです。

 

 

ただ”辞めない”という選択を

自分がしているだけなのです。

 

今は昔とは違って

SNSもインターネットも普及して

 

多くの情報が手に入ります。

 

そして、多くの先生達が

それぞれの園のことや

自身の経験を発信してくださっています。

 

それを読むだけでも

自分が置かれている状況や

自分が感じていることを

 

第三者的に捉えることができますし、

 

さらには自身も発信してみて

周りの人の意見を聞くこともできます。

 

 

その上で

やはり退職したい!という

考えに至ることもあるでしょう。

 

 

とはいえ、

辞めるといっても

そんな簡単には…。

 

生活もあるし…。

 

というその他の要因も

頭に浮かぶかもしれませんが、

 

本気で退職したいならば

行動できます。

 

勤めながら転職活動をされている方も

大勢いらっしゃいますし、

 

それが難しくても

退職後、失業保険をもらったり

つなぎでバイトをしたり

 

親や知人に事情を話して

少しの間、居候させてもらったり

 

方法はたくさんあると

私は思っています。

 

むしろ、そういった行動をする

気力が沸かないほど

メンタルが疲弊しているならば

 

もうそれは早急に対応すべきです。

 

休職するなり

退職するなり。

 

 

さらに言えば、メンタルにまで

ひびく前に何かしらの行動を

した方が良いと思っています。

 

とはいえ、これはあくまで

私個人の考えに過ぎませんし、

 

 

私が想像できないほどの

辛い状況を抱えている方も

たくさんいらっしゃることでしょう…。

 

1人で抱えず、

微力ではありますが、

何かしらの力になれたらと

思っていますので、

ご連絡ください。

 

 

少しでも良い方向に事態が

進むことをお祈りしておりいます。

 

 

ではまた!

 

 

 

 

 

———————————————

 

幼児教育の現場で頑張る毎日・・・。

仕事や職場環境にモヤモヤすることもあると思います。

 

そんな時に気軽に相談してもらいたくて

相談窓口としてLine@を作成しました!

 

1:1でトークもできますし、

誰に見られる心配もありません。

 

ぜひ、お気軽にご登録ください。

友だち追加