◆人によって評価は変わる

 

 

こんにちは!酒井です。

 

 

他者からの評価に

あまり振り回されてはいけない

と思うものの

 

新米先生の頃などは

どうしても先輩先生からの

評価や考えが

気になりますし、

 

 

そのことで

一喜一憂する気持ちも

とても分かります。

 

 

ただ、経験者として

 

先輩先生も1人の人間であり

先輩先生が10人いれば10通りの

評価があるということも

覚えておいて欲しいと思うのです。

 

 

 

 

 

 

2:6:2の法則

 

 

突然ですが、

2:6:2の法則をご存知ですか?

 

 

分かりやすく書くと

関わる人を10人と仮定して

 

2人の人は自分のことを

無条件で好きになってくれて

 

2人の人は自分のことを

無条件で嫌いで

 

残りの6人はそのどちらでもなく

自分次第で好きとも嫌いともなる。

 

そういう法則です。

 

つまり、2人の人には

自分がどう頑張ろうとも

無条件で嫌われるのです。

 

とすれば、

先輩先生といえど、

自分と関わる人。

 

この法則にあてはまるのです。

 

 

価値観や考えも十人十色!

 

 

本当はあってはならないと

個人的には思いますが、

 

先輩先生といえども

そこは人。

 

自分の感情で

後輩の評価が厳しくなったり

優しくなるのはどうか?と

私は思いますが、

 

そういったことが

可能性としては

起こるわけです。

 

感情で

ということでなくても

 

なんとなく合わない

ということもありますし

 

価値観や考え方は

それぞれ異なるもの。

 

その先輩先生の持つ

価値観と自分の価値観が合わない

ということもあります。

 

 

そういったことを

考えてみても

 

数人の人の評価だけを

鵜呑みにしなくても

良いと思うのです。

 

 

 

180度評価が変わった!

 

 

これは私の実体験ですが、

私自身も先輩先生によって

評価が変わる経験をしました。

 

 

パワハラをしてきた先輩先生は

私に対して

 

このままで○年目を迎えられない。

今後、後輩ができても指導なんてできない。

 

そういったことを

年度末に面と向かって

言い放ちました。

 

もうそれはそれは

ショックで立ち直れませんでした。

 

 

でも次の年に組んだ

先輩先生は全く違いました。

 

仕事が早い!

本当に助かる!

これもお願いできる?

 

前年度とは180度違う評価でした。

 

 

私自身、とても戸惑いました笑

 

 

と私の例でも分かるように

同じ人間でも

先輩によって

こうも評価が変わるのです。

 

いまだに、私にプラスの評価を

してくださった先輩先生は

 

自分が組んだ中で

酒井先生が一番!

 

一緒にまた仕事がしたい!

と言ってくださいます。

 

 

とても同じ人とは

思えないですよね?

 

 

ですから、

セカンドオピニオンではありませんが

 

ある一定の人からの

評価が全てではありませんし、

 

全てを鵜呑みに

しすぎないでほしいなぁと

思っています。

 

ではまた!

 

 

 

———————————————

 

幼児教育の現場で頑張る毎日・・・。

仕事や職場環境にモヤモヤすることもあると思います。

 

そんな時に気軽に相談してもらいたくて

相談窓口としてLine@を作成しました!

 

1:1でトークもできますし、

誰に見られる心配もありません。

 

ぜひ、お気軽にご登録ください。

友だち追加