◆生き抜く力

 

 

こんにちは!酒井です。

 

 

私は先生として

子ども達に

 

”自分の人生を

自分の足で

しっかりと

生き抜く力を身に付けてほしい”

 

そう切に願っています。

 

 

 

 

もちろん、

礼儀作法

他者との関わり方

道具の使い方など

 

そういったことをも

伝える必要はあります。

 

 

でもそれにプラスして

 

子ども達の

今に関わりながらも

 

子ども達が

これから先

大人になって社会に

出て行くことも

考えた関わりもした方が良いと

考えています。

 

 

まだ生まれて

数年しか経っていないのに?

 

早くないですか?

 

 

と思われるかも

しれませんが

 

そんなことはないと

私は思っています。

 

 

私が子どもだった頃と

比べてみても

 

社会全体の時の流れが

とても早くなっています。

 

社会の荒波も

強くなっています。

 

 

自殺の低年齢化や

イジメの劣悪さが

それを物語っているように

感じます。

 

 

そんな中で

子ども達は

行き抜いていかなければ

いけないのです。

 

 

せっかくこの世に

苦労して生まれてきたのですから

 

子ども達には

自分の人生を

自分の足でしっかりと

行き抜いてほしいものです。

 

 

そのためにも

子ども達に

たくさんの経験をしてもらい

 

5感を通して

たくさんのことを感じて

もらいたいと思っています。

 

 

経験に勝るものは

ありませんから。

 

とくに5感が鋭い子ども達に

生き抜くための

底力を養いたいものです。

 

 

そういったことを

考えながら

 

今一度

子ども達への関わり方などを

振り返りたいと思っています。

 

 

ではまた!

 

 

———————————————

 

幼児教育の現場で頑張る毎日・・・。

仕事や職場環境にモヤモヤすることもあると思います。

 

そんな時に気軽に相談してもらいたくて

相談窓口としてLine@を作成しました!

 

1:1でトークもできますし、

誰に見られる心配もありません。

 

ぜひ、お気軽にご登録ください。

友だち追加