◆悩むのは素敵な先生になれる証

 

 

こんにちは!酒井です。

 

ときどき書いてますが

LINE@で先生達の

無料相談を

受けています。

 

 

その中でよく目にする言葉があります。

 

 

それは

”こんな私は先生に向いていないのでしょうか?”

 

という言葉です。

 

 

対面でのやりとりでは

ありませんが

 

その言葉を目にすると

自分の新米時代を思い出して

胸が痛くなります。

 

新米時代の私も

似たようなことを思い、

苦しんでいました。

 

 

子ども達に申し訳なくて

毎晩泣いて過ごしたことも

あります。

 

 

そんな経験をしてきた

私が振り返って思うことが

あります。

 

 

それは、

苦しみ

悩み

自分は向いていないのでは・・・。

 

と思う先生ほど

素敵な先生になる

素質があるということです。

 

 

それだけ

子ども達のことを

仕事のことを

真剣に考えているからこそ

 

苦しいのです。

辛いのです。

 

 

何も思わない人は

苦しみません。

辛くもなりませんから。

 

 

個人的には

仕事の処理スピードが早い

気がきく

要領がよい

 

そんなことで

先生の良さは決まらないと

思っています。

 

大事なのは人間性。

 

子どものことを

どれだけ想っているか?

ではないでしょうか。

 

もっともっと

若手を温かく見守り

育ちが待てる職場環境が

増えることを

願ってやみません。

 

もちろん、私も

できるかぎり尽力していきます。

 

一緒にがんばりましょう!

 

ではまた!

 

 

 

———————————————

 

幼児教育の現場で頑張る毎日・・・。

仕事や職場環境にモヤモヤすることもあると思います。

 

そんな時に気軽に相談してもらいたくて

相談窓口としてLine@を作成しました!

 

1:1でトークもできますし、

誰に見られる心配もありません。

 

ぜひ、お気軽にご登録ください。

友だち追加