◆先生として教えられることは少ない

 

 

こんにちは!酒井です。

 

 

”先生”と聞くと

子ども達に多くのことを

教え、導き、手本となり・・・。

 

と、なんとも

すごそうなイメージがあります。

(私だけかしら?)

 

ただ、私自身が

先生をしてきて思うこと。

 

それは

先生として教えられることは

少ないということ。

 

 

 

むしろ、教えてもらうことの方が

多いし、

 

子ども達同士で

学ぶことも多く

 

そちらの方が

実に実用的で

学びの価値も

高そうに見えます。

 

 

よく目にしませんか?

 

小さい子が

大きい学年の

お兄さんお姉さんに憧れて

 

頑張って自分も

追いつこう!

とする光景を。

 

そういった自分の中から

沸きおこり

やろう!とする力ほど

大きいものはありませんし

 

憧れの力って

絶大ですからね笑

 

 

その点、先生である

私ができることは

 

安全に配慮して

ケガをしたら処置して

 

泣いていたら寄り添って

 

お話を聞いて

 

後は自分の

人としての価値観を

伝える程度です。

 

 

後は子ども達

一人ひとりの育ちを信じ

あたたかく見守る。

 

先生だから!

あれもこれも

しないとダメなんだ!

 

教えないといけないんだ!

 

と肩に力を入れなくても

いいと思うのです。

 

一緒になって

子どもと

 

笑う

泣く

怒る

悲しむ

 

 

それで良いと

思うのです。

 

ではまた!

 

 

———————————————

 

幼児教育の現場で頑張る毎日・・・。

仕事や職場環境にモヤモヤすることもあると思います。

 

そんな時に気軽に相談してもらいたくて

相談窓口としてLine@を作成しました!

 

1:1でトークもできますし、

誰に見られる心配もありません。

 

ぜひ、お気軽にご登録ください。

友だち追加